「ほっ」と。キャンペーン

日本の詩を読むXI ~ 緊急的戦後詩再読提言(第5回)   


「戦後詩を読む」の第5回目は石原吉郎と吉岡実の予定でしたが、二人については過去に何回か講義したことがあるため今回は講義をせず、6回目に講義をする予定だった吉本隆明について学びました。(2/6/2017)

偶然というか面白いことに教室の参加者たちの中で吉本隆明に心酔していた、あるいは興味があったという人は一人しかおらず、吉本隆明をほとんど読んでこなかったとか、吉本隆明は避けてきたとかいう人ばかりで、どうやら吉本ファンは私たちより上の年代の人たちに多くて、その人達から吉本隆明を知ってかじったという人が多かったようです。かく言う私も詩を書くまでは吉本隆明とはまったくの無縁で、名前を知ってからもほとんど興味をもったことはありませんでした。というわけで、教室では吉本隆明については初心者として講義を聴きました。吉本の詩は今の時代の中では古い感じがしますが、ふと思ったのは、この不確実な時代にあってもしかしたら今こそ読んでみる価値があるかもしれないということです。大井浩一著 『批評の熱度 体験的吉本隆明論』、『吉本隆明前著作集』、詩集 『固有時との対話』、『転位のための十篇』、『記号の森の伝説歌』などの著作が教室で紹介されました。読んだ詩は「恋唄」、「固有時との対話」(最初の詩のみ)、「ちひさな群への挨拶」、「異教の世界へおりてゆく」でした。



異教の世界へおりてゆく

        吉本隆明


異教の世界へおりてゆく かれは名残り
をしげである
のこされた世界の少女と
ささいな生活の秘密をわかちあはなかつたこと
なほ欲望のひとかけらが
ゆたかなパンの香りや 他人の
へりくだつた敬礼
にかはるときの快感をしらなかつたことに

けれど
その世界と世界との袂れは
簡単だつた くらい魂が焼けただれた
首都の瓦礫のうへで支配者にむかつて
いやいやをし
ぼろぼろな戦災少年が
すばやくかれの財布をかすめとつて逃げた
そのときかれの世界もかすめとられたのである

無関係にうちたてられたビルデイングと
ビルデイングのあひだ
をあみめのやうにわたる風も たのしげな
群衆 そのなかのあかるい少女
も かれの
こころを掻き鳴らすことはできない
生きた肉体 ふりそそぐやうな愛撫
もかれの魂を決定することができない
生きる理由をなくしたとき
生き 死にちかく
死ぬ理由をもとめてえられない
かれのこころは
いちはやく異教の世界へおりていつたが
かれの肉体は 十年
派手な群衆のなかを歩いたのである
秘事にかこまれて胸を
ながれるのはなしとげられないかもしれないゆめ
飢えてうらうちのない情事
消されてゆく愛
かれは紙のうへに書かれるものを耻ぢてのち
未来へ出で立つ




.
[PR]

# by hannah5 | 2017-02-10 19:41 | 詩のイベント | Comments(0)

詩に出会う(3)   


冬の朝

         平田詩織


(泣いているの?)

もうだれのことも信じない
強く放つ横顔は
うすくとがって、きれいだ
光に殴られたように放心して
いつまでもみとれていたいほどの

真新しい暦のうえに
目覚めて見る夢
ひとは生まれたばかりで
まだ立つこともままならないのに
手を取りあって踊ろうとする
足の下の暗い域から
いっせいに湧きあがる耳を濡らす
潰えた身体に降るいたわりの雨音

青白い冬の路上に伏しても
まなざしを引き剥がすことはできない
脱力するばかりの空を抱きとめる
つめたい腕に思いを残す
ここにある
やわらかな不在を信じてほしい
目の奥に宿るもののために踊る手足を

(2017年1月11日(水)朝日新聞夕刊「あるきだす言葉たち」に掲載)



.

ひと言
[PR]

# by hannah5 | 2017-02-04 21:01 | 詩に出会う | Comments(0)

釈然としていた頃   


釈然としていた頃
      ――『新井豊美評論集』に寄せて 


今も、生きて語るその言葉に
務めて置いてきたものや
意識的に封印したものの
鋭く尖ったぎざぎざの鮮烈が
ふっつと熱くなる

熱は
いつもそうして
置き去りにしてきたような気がする
生(なま)の鼓動と
裸をさらし
恥部をさらしても なお
呼吸(いき)ることが
生きて進んでいくことの悦びだった

飽きることなく踊りつづけた
一人遊び
赤剝けの旋律がひたすら愛おしく
どこまでもするすると延びていくそれは
永遠の匂いがした

言葉が
忘れずに起き上がる
想起され
集められたり捨てられたりしたものが
私の前で自由に動いていたことが
今もそうあるように
そのように続いていくように


残された言葉はそのひとそのもので
病に冒されていなかった頃の
凛とした佇まいが蘇る
私たちが決して垣間見ることのできなかった
硬質な輝き
奥のそのまた奥底に埋(うず)められていたものが
初めて覗かれることを許している


(詩と思想 2016年11月号掲載)



.
[PR]

# by hannah5 | 2017-01-17 19:22 | 投稿・同人誌など

私の好きな詩・言葉(171)   


雪わりのバラライカ  菅啓次郎さんに


さっきの蚤の市で 六百ルーブルで買った
ミリタリーブーツをさわる
羊歯がその凍った波音で ぼくを
地面に呼びもどそうとする
見たこともない小鳥たちが鼓動一回分だけ
たちどまり 雪道のうえにも
蜃気楼をつないだ 森には
いつだって 極微の伝説が生まれる
北極星の星穴 雪をかぶったマイヅルソウの
まさにいまこれから
舞いあがろうとする銀の葉のうえに見つけた
タケネズミ一家の
移動の足あと 森は静けさの喉の奥で
かたちのない変身への第一声をあげる
留学生だったサーシャは自然観察用とおぼしき
古びた露日辞書のページを
鹿皮の手袋をはめた無骨な指先でめくる
彼女はいま言葉のハンター
ロシア人特有の やや度がすぎた几帳面さで
辞書の銃眼から森をゆっくりにらみ
ページをわたる風を計測し あれは モミ です
とおごそかにトリガーをひく たしかに
トドマツはモミ属 これは
ホボーシュ イノシシがよく食べています
トクサはロシア語でホボーシュ
東北の水辺でよく見かけた頭のないアスパラガス
ムーミンのニョロニョロに似た青臭い茎が
耳もとに浮かぶ ぼくはなんだかうれしくなって
道々 ホボーシュ ホボーシュ と口ずさみ
やがてうたいだしながら 歩いていく
じゃあ この胡桃は?
ええ それは マンジェルノ
マンジェルノ マンジェルノ
なんだかおいしそうな名前だね
はい ウオトカに三年漬けると
ふわふわのお餅になっておいしく食べられます
森の奥底から通奏低音のような
ボォホウ ボォホウ という鳴声が聴こえる
あれはなに? あれは ええと
鳴かないウグイス ですね
こんどは 鳴かないウグイス! ぼくはその
日本語には存在しないじつに詩的な鳥名に
びっくりしてしまう
いいえ いいえ 待ってください
やっぱりカッコウ カッコウ です?
断言と疑念がいりまじる 八割方は幽霊的な構文が
日本語だとすんなり意味がとおって
聴こえてしまうのだから なんだかおかしい
カッコウはそんな声では鳴かないよ
そういえば昨日 赤の広場からの帰り
湖畔のサウナ小屋(バニヤ)で地平線を刻々きざんでゆく
黒い太陽を見つめながら 長い睫毛を伏せがちに
きみはこんな話をしてくれたっけ
わたしたちロシア系ユダヤ人は
伝統として物や樹や雲や 小石の物語を
聴くのです ですからクラースナヤ
プローシシャチを訪れると
ついあの あざやかな朱の壁たちに
どんな音を聴いたことが
あるのか 尋ねてみたくなります
ぼくはといえば そのバスタオルのしたで
大きくふくらんだ きみの乳房と
寒さでそり返り 怨ずるようにとがったものが
どんな音を発させるのか 気が気じゃなかったけど
ねえ サーシャ 音というものは
いつだって ぼろぼろの幻をはりつけた
魂の内壁にすぎない それでも
ぼくの耳の外にあるやわらかい月
そのオウム貝のうえで
鳴かないウグイスたちが
ここでも彼方でもなく
つぎつぎ孵化し 羽ばたきはじめている
詩人としてのぼくの祈りは
言葉が裸にされてしまうこと
文字が音符にまで解凍され 奇妙にまぶしい
無音の国際音標文字であること
括弧だらけの枯れ草のうえにちらばった
スグリの紅い実と折れ枝の通信録 突風のごとく
上昇するオオアジサシの群れが巻きあげた
粉雪は 森の十字架に見える杣道の十字路でぶつかり
七色に音声変化する でもさ
鳴かないウグイスって ほんとうに
ロシア語にいるの? 彼女は雪水の清流につかった
ヘビイチゴを思わせる 冷たく熟れた唇を
とがらしていう
だって 辞書にそう書いてあるけん!

(石田瑞穂詩集 『耳の笹舟』 より)

ひと言
[PR]

# by hannah5 | 2017-01-05 19:48 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

あけましておめでとうございます   


b0000924_20103959.jpg


よい年になりますように。
今年もよろしくお願いいたします。


はんな


.
[PR]

# by hannah5 | 2017-01-02 20:10 | ご挨拶 | Comments(0)

日本の詩を読むXI ~ 緊急的戦後詩再読提言(第4回)   


「戦後詩を読む」の第4回目は、前回時間が足りなくて触れなかった部分の田村隆一について少しと、北村太郎についての講義でした(12/19)。

不思議なというか偶然というか、教室の参加者の中に北村太郎を読んだことのある人は私も含めてほとんどいず、資料として配布された作品が北村太郎に触れた初めてだった人ばかりでした。北村太郎は荒地の中心的存在であったにもかかわらず、実際に詩集を刊行したのは44歳になってからで、荒地の詩人たちとは逆に、後年になってから爆発的に詩を書くようになりました。

資料で配布された作品は初めて読む作品でしたが、その繊細な響きは恐らく鮎川信夫や田村隆一よりずっと心に響くものがあって、北村太郎を読んでこなかったことが少なからず悔やまれました。



朝の鏡


  北村太郎


朝の水が一滴、ほそい剃刀の
刃のうえに光って、落ちる――それが
一生というものか。不思議だ。
なぜ、ぼくは生きていられるのか。曇り日の
海を一日中、見つめているような
眼をして、人生の半ばを過ぎた。

「一個の死体となること、それは
常に生けるイマージュであるべきだ。
ひどい死にざまを勘定に入れて、
迫りくる時を待ちかまえていること」
かつて、それがぼくの慰めであった。
おお、なんとウェファースを噛むような

考え! おごりと空しさ! ぼくの
小帝国はほろびた。だが、だれも
ぼくを罰しはしなかった。まったくぼくが
まちがっていたのに。アフリカの
すさまじい景色が、強い光りのなかに
白々と、ひろがっていた。そして

まだ、同じながめを窓に見る。(おはよう
女よ、くちなしの匂いよ)積極的な人生観も
シガーの灰のように無力だ。おはよう
臨終の悪臭よ、よく働く陽気な男たちよ。
ぼくは歯をみがき、ていねいに石鹸で
手を洗い、鏡をのぞきこむ。

朝の水が一滴、ほそい剃刀の
刃のうえに光って、落ちる――それが
一生というものか。残酷だ。
なぜ、ぼくは生きていられるのか。嵐の
海を一日中、見つめているような
眼をして、人生の半ばを過ぎた。




.
[PR]

# by hannah5 | 2016-12-28 13:20 | 詩のイベント | Comments(0)