静   


言葉よりも
響いてくるものがあって

静かな白い魂の
ひっそりとしたうねり
ふかい無音の奥底で
すべての営みが閉じられる

小さな灯を
手の中にかざす
小さすぎて
灯があることさえ
忘れてしまいそうになる

何年も
置き去りにしてきた灯から
オレンジ色のゆらめきが
こぼれ落ちる
[PR]

by hannah5 | 2009-01-26 23:24 | 作品(2009~)

<< 右から始まり左へ終わる 遠くて近い >>