現代詩の合評会 ~ みんなで読み解きをしてみよう   


2月8日(日)、埼玉県秩父市にあるポエトリーカフェ武甲書店で、光富いくやさんを講師に迎えて詩の合評会がありました。

合評会のメニューはなかなかユニークでした。
① 秩父お散歩: 秩父市内の昭和初期の建物(有形文化財)を見学したり、路地裏を探索したりする
② 昼食: ポエトリーカフェ武甲書店店主の坂本さんご夫妻の手料理と飲み物
③ 現代詩の合評会
  A. 現代詩の読み解き: 石畑由紀子さんの作品「ひとつひとり」と伊藤浩子さんの作品
    「らせん階段」
  B. 参加者の作品の合評会: 参加者の4作品の合評会

午前11時にポエトリーカフェ武甲書店に集合したあと、店主の坂本健一さんの案内で秩父市内の昭和初期の建物-煙草屋、旧秩父国際劇場(現在は上石建材店)、明治の商人宿、秩父神社などを見てまわりました。どれもなかなか興味深かったですが、中でも明治の商人宿は建物の中に大きな井戸があったり(現在でも水が湧いているそうですが、衛生上の問題から使用していないそうです)、2階の座敷は天井が低く窓には欄干があるなど、昔の宿場そのままの雰囲気でかなり面白かったです。お土産品の中に古代米のジャムがあって、試食してみましたが、一応ジャムの味はするものの、お米の味と香りがしてなんとも不思議なジャムでした。

秩父市内散歩のあとは書店に戻って、坂本さんご夫妻の手料理の昼食をいただきました。(ちなみに、奥様は詩人の落合朱実さん。)玉ねぎとプチトマトといんげんのサラダ、たけのこの煮物、炊き込みごはんなど、とてもおいしかったです。

昼食のあとは午後1時から、現代詩の読み解きを行いました。初めの作品は石畑由紀子さんの「ひとつひとり」でした。光富さんが最初に解釈・感想・批評を述べられたあと、参加者が銘々に意見を述べ合うというもので、かなり深い所まで読み取れ、意見を述べ合うことができました。また、この作品に共感する意見が多かったです。(石畑由紀子さんは北海道にお住まいなので、合評会には参加されませんでした。)

そのあと、参加者の作品4篇の合評を行いました。形式は石畑由紀子さんの読み解きと同じで、最初に光富さんが意見・感想・評を述べ、そのあと参加者が自由に意見を述べ合うというものでした。作品は石川さんの「遠足」、したらきよしさんの「夢の連鎖」、土屋怜さんの「信じる」、はんなの「誰も知らない可笑しみを笑う」でした。

最後に、後から参加された伊藤浩子さんの作品「サーカス」を読みました。「家族という罪人たちのサーカスという見せ物が子々孫々と続いていく暗い情念」(光富さん)、「中原中也の「サーカス」の「ゆあーん、ゆよーん」を思い出す」(イタヅカマコトさん)、「フェリー二や姥捨て山をイメージする」(石川さん)などの意見が活発に述べられました。

合評会は午後4時30分に終了。30分ほど書店内で光富さんや伊藤さん、したらさんとおしゃべりをしたあと、5時すぎに書店を後にしました。


                     *********************************

初めてお会いした方たちの作品をその場で初めて読む合評会でしたが、私にとっては久しぶりの合評会であり、その上自分なりの読み解きをしながら意見を述べ合うという作業はかなり勉強になりました。こういう合評会がどこかであったらまた参加したいと思います。







光富いくや (みつとみ いくや)

1967年生まれ。文芸アート誌「狼」編集発行。
横浜詩人会会員。詩誌「詩と思想」、アンソロジー「詩と思想 詩人集」、「未来への軌跡」(横浜詩人会)、神奈川新聞、横浜詩人会通信等に執筆(詩、エッセイ、時評、書評等)。
2001年、詩集 『サイレント・ブルー』 (土曜美術出版社)で第33回横浜詩人会賞受賞。国民文化祭現代詩大会入選・入賞。文学極道実存大賞・選考委員特別賞受賞など。横浜詩人会賞選考委員。
光富さんのブログ: 詩という生活
[PR]

by hannah5 | 2009-02-08 23:50 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented by みつとみ at 2009-02-10 21:55 x
ご紹介、ご参加、ありがとうございます。
はんなさんの作品も興味深いものがありました。
また機会があれば、お越しください。
Commented by hannah5 at 2009-02-10 22:55
♯みつとみさん、こんばんは。
お散歩もお昼ごはんも朗読会も、どれもとても楽しかったです。
私の作品ですか~(笑)
けっこうシリアスに書いたつもりだったのに、ウケテしまって意外でした(笑)
はい、ぜひ、また機会があったら参加させてください。

<< 夜を抱きしめて 欠けている日の美しき >>