詩書き、事始め   


こんにちは。
さわやかなような暑いような涼しいような、例年とは違う5月ですが、
いかがお過ごしでしょうか。

作家とか小説家とか言うと、小説を書くことを生業としている人のことですが、
詩人というと、詩を書く人格者のような感じがして、
自分に当てはめてみると、ちょっと口はばったいなぁと思っています。

詩書き。
がいいのではないか。
そう思いました。

ずっと詩織で詩を書いてきました。
とても居心地のいい場所でした。
ここに来るときは、襟を正してまっすぐな気持で来ました。

2007年からいろいろな詩誌に投稿を始めました。
締め切りに合わせて作品を選び、
推敲して送る時間は思いのほか楽しい時間でした。
今もそれは続いています。

今年になって詩の教室に通い始めました。
先生からいただく評がとてもよくて、勉強になります。
丁寧に詩を書かれる生徒さんたちの作品が、
詩誌やネットで読む作品と一味違って、とてもいいです。

詩を書いている。
と、やっと思えるようになりました。

活動の場所が移りました。

詩織はこのまま続いていきますが、
朗読会やライブの報告や思いなどを主流に書いていき、
作品は置かなくなります。
作品を置くとしても、どこかで発表したあとになると思います。

長い間おつきあいくださり、本当にありがとうございました。

詩集をそのうち出そう。
今年になって、
ふんわりと思ったことです。



はんな
[PR]

by hannah5 | 2009-05-25 23:47 | ご挨拶 | Comments(2)

Commented by りり at 2009-05-31 16:42 x
はんなさん、とても健やかな詩に対する思いを感じられて
なんだかすごくうらやましいです。
詩集を出されることになったら、ここで知らせてくださいね。
Commented by hannah5 at 2009-05-31 23:05
♯りりさん、こんばんは。
はい、もちろん、詩集を出すことになったらここにお知らせを出します。
健やか、ですか?
本当はずいぶん前から悩んでいたのですが、ここは実作の場にしようと思っていたので、あまりそういった思いは書いてきませんでしたね。
悩んで悩んで、でも最後はさっさと切り上げる性質です。
詩の書き方自体も前とだいぶ違ってきていて、今はひとつの詩にずいぶん時間をかけて書くようになりました。
それもあって、ハイスピードで書くブログで詩が書けなくなったのです。

<< 詩と思想 三角みづ紀さん ワンマンライブ... >>