TOKYOポエケット   


今日は午後からTOKYOポエケットでした。会場は去年と同じ両国の江戸東京博物館。62グループが参加しました。

私はみつとみさんの狼編集室のテーブルをお手伝いしながら、私が参加させていただいている同人誌「旋律」と「新現代詩」も横に並べさせていただきました。3年前に初めてTOKYOポエケットを見に行った時にはマニアックだなあという印象が強かったのですが、そのポエケットに自分がお手伝いしながら参加するようになるとは思ってもみませんでした。縁って不思議なものですね。

午後1時に会場に集合。会議用に並んでいるテーブルや椅子を脇に寄せたり中央に集めたりしてブースの形に設置しました。1時30分に開場となり、久しぶりに会ってご挨拶したり、お互いのブースを覗きあったり、お目当ての詩集や詩誌を買ったり交換したり、会場は一気に盛り上がりました。

今年は例年より売れ始めるのが遅かったようですが、午後遅くなってから会場に来られた方がけっこうあって、みつとみさんの詩集 『バードシリーズ』 や同人誌 「狼」(13、15、16号)は完売しました。静かで熱いみつとみファンがそっと訪れて、みつとみさんの詩を大事そうに買っていかれました。

午後3時30分から3時50分まではTOLTAのゲストリーディング、5時30分から5時45分までは新井高子さんのゲストリーディングが入りました。私自身はどちらかというと新井高子さんの朗読がよかったと思いました。

私が購入したのは川口晴美さんの 『ガールフレンド』、三角みづ紀さんの 『すんとする』 とポストカードでした。また、月刊未詳24の只野凡人さんから「未詳02」、「北国帯」、「月の魔法師」、「カラブラン」を、狼ブースの隣でブースを開いていた白井明大さんから個人詩誌「ここえ」をいただきました。ありがとうございました。

詩を愛する人たちの集まりは優しくて静かだけれど、地熱のようにいつまでも熱い。一人一人から熱気をもらい、これからも私なりに詩を書き続けていこう。そんな思いを新たにして会場をあとにしました。
[PR]

by hannah5 | 2009-07-12 23:50 | 詩のイベント | Comments(8)

Commented by fibich at 2009-07-15 20:06
ご無沙汰しています。
12日のポエケットは用事があって行けませんでしたが行く予定でいました。
代わりに先月武甲書店さんに行って二つほど詩集を買ってきました。
未詳に参加されている腰越広茂さんという方の詩がとても好きで、僕も少なからず影響を受けています。
めざましいご活躍をされていて、今とても充実されているのではないかと思います。今後のご活躍も期待しています。
Commented by hannah5 at 2009-07-15 23:29
おーfibitch さん、お久しぶりですね!
お元気でしたか?
ポエケットはとても盛況でしたよ。
fibitch さんにお会いできなくて残念でした。
腰越広茂さんの作品がお好きだということで、凡人さんからいただいた未詳02に載っている腰越さんの作品を早速読んでみました。
しっとりとした感じの作品で、なるほど fibitch さんが好まれる作風だなぁと思いました。
最近、やっと詩の世界の入り口に立った感じがしています。
fibitch さんのご活躍も期待していますよ。
Commented by α at 2009-07-16 21:28 x
こんばんは、αです。

できれば、ポエケットを訪れてみたかったのですが、予定が入り、ままなりませんでした。それと、詩には興味があっても、本格的な詩をつくっていない自分が行ってもよいのか、という疑問もありました。また、まだ若いつもりですが、最近、都心に出るのが億劫になってきました(というより、ただの面倒くさがり屋なだけかもしれませんが)。私は一応、東京生まれ東京育ちですが、なにぶん郊外に住んでいるので。

というわけで、今回は残念でした。

またなにか機会がありましたら、よろしくお願いします。
Commented by hannah5 at 2009-07-17 23:36
α さん、こんばんは。
TOKYOポエケットにいらっしゃれなくて残念でした。
ポエケットは若い人達ばかりの場所ではありませんよ。
年配の方もずいぶんいらっしゃいました。
かくいう私も若いというランクからもう外れていますしね^^
それと、たとえ詩作をしていなくても、誰でも気軽に訪れることができる場所ですので、来年はぜひいらしてくださいね。
Commented by α at 2009-07-18 00:00 x
こんばんは、αです。

「若い」っていうのは、いくつくらいのことをいうのでしょうか。一応、かりに私が有名人で、この年で亡くなったとしたら、マスコミは「まだ若いのに早すぎる死が悔やまれます」って言う歳ではあります。けれど、こうして若さに拘ることからして、すでに若くないのかもしれません^^

そうですね。ポエケットは来年はぜひ行きたいですね。
Commented by hannah5 at 2009-07-18 16:05
α さん、若さというのは自分が若いと思えば若いし、もう年だと思えばもう年ですね。
今いくつになったとかいうことは私にとっては本当はどうでもいいことです。
今やれることややりたいこと、できることを精いっぱいやる。それだけですよ。

はい、来年はぜひ。
Commented by α at 2009-07-18 23:06 x
そうですね。はんなさんの言うとおりです。日々、自分なりの最善を尽くせたら、きっと悔いなく過ごせるでしょうね。

クリスチャンの友人から教わったことばですが、聖書にもありますね。

明日のことまで思い悩むな。
明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労は、その日だけで十分である。
マタイ 6:34

神を信じる信じないに関わらず、これは普遍的な生きる知恵だと私は思います。
Commented by hannah5 at 2009-07-19 22:49
α さん、はい、そう思います。

<< 集約 爆弾 >>