叫び   


思いが鋭角に沈殿している空気の底に
息をひそめて身を沈める
おもりのような痛みが
亀裂を作りながら
先へ先へと走り続ける
亀裂の隙間にはさまっているのは
生まれてこなかった言葉たちだ
小さなそれらの言葉たちが
細い蜘蛛の糸のように
亀裂の中いっぱいに絡みついている
蜘蛛の糸が小刻みに震えて
微熱が亀裂を覆う

それは人の目に触れることも
人の耳に達することもなく
空気の底で
活火山のようにうごめき続けてきた
ひと時かふた時、あるいはみ時、
もしかしたら計ることも不可能なほど
長さを連続させてきた時のどこかで
形や音になりきれなかった言葉たちが
精いっぱいエネルギーを蓄積して
亀裂の表面に浮かびあがり
空気を振動させる

悲鳴にも似た
あるいは怨念にも似たそれらの言葉たちが
行き場を失い
亀裂の入ったことのない表面から
突然噴出する


(詩と思想2009年1・2月 入選・佳作)
[PR]

by hannah5 | 2009-04-25 13:35 | 投稿・同人誌など

<< それぞれ 未完 >>