アドレッセンス 1   


長い
 ながい
  アドレッセンス

伸ばせるだけ
  のばして

固い殻はいつまでも割れない
永久に孵化しない卵を抱いて
じっと温め続ける

見知らぬ街に住むことは
スポーツをするより易しく
さざ波も立てないまま
眠り目覚め幾日も
眠り目覚め季節は変わらず

逃げてきたわけではなく
逃げていくわけではなく
殻が割れないから
断崖から落としてみたくなっただけ
ひと思いに絶壁の下の荒波に向かって

長い彷徨のあとに
うつうつとした霞たなびく
一寸先の曖昧な表情が読み取れないまま

どこへ行くの?
どこまで行くの?

何かをすることは何もしないことに等しく
何もしないことは何かをすることに等しく

新しい街はいつまでも知らん顔
慣れない土地の慣れない暮らしに忍び込み
街のはずれから街のはずれまで移動する
新しい発見と古い記憶が同居して
そろそろ子どもの暮らしを脱ぎはじめるころ
そろそろ大人の暮らしを着はじめるころ

うつうつとした霞がぼんやりと街を流れる

遠い昔と近い未来が混ざり合い
混ざり合わされる

長く
  ながく伸びたアドレッセンス
    伸ばせるだけのばして


(旋律21号所収)
[PR]

by hannah5 | 2009-04-25 13:46 | 投稿・同人誌など

<< アドレッセンス 2 あ、 >>