私の好きな詩・言葉(16) 「落葉松」   

20代前半、苦しい恋愛のさなかに信濃追分の落葉松林を知り、幾度か訪れました。さびしい落葉松林を歩いて北原白秋を知ったのもこの頃です。その頃書いた詩には、白秋や立原道造などから影響を受けたものが多かったと思います。



からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。



からまつの林を出でて、
からまつの林に入りぬ。
からまつの林に入りて、
また細く道はつづけり。



からまつの林の奥も、
わが通る道はありけり。
霧雨のかかる道なり。
山風のかよふ道なり。



からまつの林の道は、
われのみか、ひともかよひぬ。
ほそぼそと通ふ道なり。
さびさびといそぐ道なり。



からまつの林を過ぎて、
ゆゑしらず歩みひそめつ。
からまつはさびしかりけり、
からまつとささやきにけり。



からまつの林を出でて、
浅間嶺(あさまね)にけぶり立つ見つ。
浅間嶺にけぶり立つ見つ。
からまつのまたそのうへに。



からまつの林の雨は、
さびしけどいよよしづけし。
かんこ鳥鳴けるのみなる。
からまつの濡るるのみなる。



世の中よ、あはれなりけり。
常なけどうれしかりけり。
山川に山がはの音、
からまつにからまつのかぜ。


(北原白秋、『北原白秋集』「落葉松」より)
[PR]

by hannah5 | 2004-11-27 22:59 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(6)

Commented by shining_raindrops at 2004-11-27 23:58
わたしもこの詩、大好きなんです。
うれしいです^^
Commented by hannah5 at 2004-11-28 18:29
*雨粒さん、そうですか^^
お好きな詩がアップできて嬉しく思います。
Commented by tonton814 at 2004-11-29 21:07
八番までもこの詩があるのは知りませんでした。
七番がとても気になります。
さびしけどいよよしづけし は、どこで切って読めばよいのかしら。
こういう詩、大切にしたいですね。
Commented by hannah5 at 2004-11-29 23:39
*tonton814さん、こんばんは。
落葉松の林を歩くと、こんな感じであることがよくわかります。
さびしけど、いよよ、しづけし、ではないでしょうか。
淋しいほどに静かな感じ、淋しいけれど、ますます静か、のような感じではないかとと思います。
昔の詩は言葉から心象と風景がずんと伝わってくるものが多いように思います。
Commented by tonton814 at 2004-12-02 01:06
そうですねー。しづけし。いよよ、しづけし。
ああ、謎が解けてうれしい。
日本語の美しさ、かわいらしさ、大切にしたいです。
Commented by hannah5 at 2004-12-02 15:20
*tonton814さん、謎が解けてよかった^^
そうですね、日本語、大切にしたいですね。

<< 情報多種多様 さよならの向こうに >>