詩と思想   


10月号の詩と思想で、拙作「父という」が佳作でした(海埜今日子選)。
入選したりしなかったり、上がったり下がったり、なかなか上昇しませんねー。

昨日の詩の教室で、
「加える物を加えて、もう少し内容を膨らませること」が私の今後の課題だと言われました。
きれいにまとまりすぎるとも。
はい、これはよく言われることです。
美しく透き通ったデザートではなくて、どんとくるおかずのような作品を書けばいいのかなと
目下考え中です。

詩は文学の中でマイナーなジャンルですが、
どうしてどうして、詩ひとつとってみてもかなりむずかしいし、
簡単にやっつけることのできないタフなヤツです。

とはいえ、あんまり力みたくないのも事実。
私の前を行く現在活躍中の大勢の先輩たちの仕事ぶりを拝見しながら
こんなところで小さくまとまりたくない、まだまだはじけるゾと思っています。
[PR]

by hannah5 | 2009-09-28 15:54 | 投稿・同人誌など | Comments(3)

Commented by hannah5 at 2009-09-28 15:56
私の長~い夏休みももうすぐ終わりです。
いろいろなことをひたすら怠けて過ごした夏休みでした。
10月からいろいろ開始です。
Commented by momo at 2009-09-28 19:55 x
応援しています^^  楽しんで・・・
Commented by hannah5 at 2009-09-29 12:29
momo さん、ありがとうございます。
そうですね、楽しまなくてはね。

<< 父という La Voix des poè... >>