現代詩の合評会 ~ みんなで読み解きをしてみよう その5   


2月11日(木)、光冨いくやさんによる現代詩の読み解き会が秩父のポエトリーカフェ武甲書店で行われました。今回は前回より人数がふえて全部で9名の参加者があり、そのうち3名は初参加の方たちでした。

今回は参加者がふえたこともあって、前回まで行われていた現代詩の読み解きは割愛され、参加者の作品の合評のみ行われました。最初に参加者が自分の作品を朗読、その後光冨さんが作品の読み解きと解説を加え、最後に全員で自由に意見や感想を述べ合うフリートーキングでした。作品はしたらきよしさんの「愛おしい時間(電車に乗るのが時々辛くなる人のために)」、五十嵐倫子さんの「ハムエッグ」、石川厚志さんの「しり突つき」、呉竹笑子さんの「レンズを通さないで」、浅見和代さんの「宇宙」、はんなの「そろそろねぐらに帰ります」、TASKEさんの「対人恐怖症 2009」、堀口恵子さんの「軍艦と手品師」でした(合評順)。


                          ****************************


今回で5回目の「現代詩の合評会~みんなで読み解きしてみよう~」ですが、毎回参加される方たちが定着しつつあり、だいぶ顔なじみになったこともあって、合評会は終始和やかで楽しい雰囲気でした。

講師の光冨さん、武甲書店の坂本さんご夫妻、参加者の皆様、おつかれさまでした。今回もとても楽しかったです。4月にまた予定されているようなので、楽しみにしています。






光冨いくやさんのプロフィール

1967年生まれ。
横浜詩人会会員。横浜詩人会賞選考委員。日本詩人クラブ会員。
狼編集室・編集発行。
現在「詩と思想」で詩誌評担当、同誌に詩、エッセイ、ネット時評、書評執筆。アンソロジー「詩と思想 詩人集」、横浜詩人会通信、神奈川新聞等に執筆。
2001年、詩集『サイレント・ブルー』(土曜美術出版社出版販売)で第33回横浜詩人会賞受賞。2008年、詩集『バード・シリーズ』(新装版・選集/狼編集室)等。『未来への軌跡』(横浜詩人会)。国民文化祭現代詩大会入選・入賞。ネット投稿サイト「文学極道」で実存大賞。2008年、詩と思想新人。
光富さんのHP: poetry site M
[PR]

by hannah5 | 2010-02-12 13:28 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented by みつとみ at 2010-02-12 19:36 x
ご紹介ありがとうございます。
またご参加ありがとうございます。
楽しんでいただければ、なにかのお役に立てれば、
こちらもうれしく思います。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by hannah5 at 2010-02-12 19:57
みつとみさん、楽しかったですね。
次回も楽しく和やかにいけたらいいですね。
こちらこそよろしくです。

<< 新現代詩 誌上でびゅう! >>