La Voix des poètes (詩人の聲) ~ 松尾真由美さんの朗読会 ~   


2月25日(木)午後7時より、京橋のギャラリー東京ユマニテで、天童大人さんのプロデュースにより松尾真由美さんの詩の朗読会がありました。

松尾さんの朗読会は、最近私が注目している詩人さんということもあってとても楽しみにしていました。開演間近、黒のドレスに身を包んで現れた松尾さんは写真で見るとおりの妖艶な色香を漂わせる美人でした。少し緊張した面持ちで椅子に座るとやや低めの声で話し出され、それからおもむろにご自身の詩集『秘めやかな共振、もしくは招かれたあとの光度が水底をより深める』(『不完全協和音 consonannza imperfetto』の中の1冊)を取り出し、「光、飛翔のためのしなやかな純度にもつれる 河野道代「作品 II」に寄せて」を読み始められました。

恍惚として溢れ、滑らかに吸い込まれるような不思議な感動がありました。それは確固とした形になっていないけれど、魂の奥の柔らかい部分に直接触れるような感じでした。たとえば映像のないCDをReal Player などに入れて聴くと、画面に不思議なCGのような映像が現れることがありますが、松尾さんの朗読はそのような感じでした。現実をさまよっているような、夢の中に取り込まれて渦のように旋回しているような、現実と夢の境が見つけられずに漂っているような感じでした。定義や方向性やロジックなどの言葉のもつ限度と枠を超え、自由に遊泳し続ける言葉たち。それは時として知の理解を超えるものではあっても、斬新な力と地の底から地熱のように発し続ける熱が、これこそ言葉そのものであると言っているようでした。

私にとって詩は知性やロジックであるよりも、どこかに官能の気配がなければならないと思っています。官能というとつい官能小説のようなあからさまにエロチックなものを想像しがちですが、私の言う官能は心の奥深くで享受される歓喜、悦楽、悲哀、躍動、微かな感動などで、それがなくては人生も作品も無味乾燥になるようなものです。男女の詩に優劣はありませんが、どうも女性の詩の方がより豊かに官能を表現しているように思えてなりません。

欲を言えば、全体的にもう少し彩りのあるパフォーマンスに仕立てられていればよかったかなと思いましたが、松尾さんの言葉そのものに触れることができて夕べは楽しかったです。(上記の他に、個展用パンフレット詩集『装飾期、箱の中のひろやかな物語を』からも朗読されました。)






松尾真由美さんのプロフィール

詩集『燭花』 『密約-オブリガード』(第52回H氏賞) 『揺籃期-メッザ・ヴォーチェ』 『彩管譜-コンチェルティーノ』 『睡濫』 『完全不協和音 consonannza imperfetto』、アンソロジー『現代詩最前線』 『小野十三郎を読む』 『短編集 夜』、個人詩誌「ぷあぞん」(会場で配布されたチラシよりコピー抜粋)

松尾真由美さんのHP: 松尾真由美 詩の言葉と言(コト)の葉と
[PR]

by hannah5 | 2010-02-26 18:14 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 寝るっていいねzzz♪ 扉いちまいの日 >>