夏まで待てない!開運朗読会   


5月30日(日)午後1時より、自由が丘の大塚文庫で「夏まで待てない!開運朗読会」というのがありました。大塚文庫は自由が丘駅から繁華街を10分ほど歩いた後、猫の看板のあるお店の角を曲がり、閑静な住宅街を2ブロックほど歩いた閑静な住宅街の一角にあります。(2007年6月にも大塚文庫で暦程の朗読会があり、大きなガラス窓から見える緑をバックにした朗読会がとても居心地がよかったのを覚えています。)

朗読会の出演は芦田みゆきさん、川口晴美さん、北爪真喜さん、野村喜和夫さん、浜田優さん。プログラムは3部構成で、第一部<朗読*5つの時間>では5人が自分の作品を数篇朗読、第二部<jam session! M&M(浜田優+佐藤勝)と詩人たち>では浜田優さんのギターと佐藤勝さんのドラムで数曲演奏、その後音楽に合わせて5人の自作品の朗読と観客の中の数名が自作の詩を朗読、第三部<開運祈願*この詩をきかせて!>では5人が互いに選んだ詩を読み、作品についての質問や感想を述べ合うというものでした。

5人の詩人たちはそれぞれ楽しんで朗読している様子で、お互いの作品をじっくり味わって聴き、音楽に溶け込むようにして作品を朗読し、5人が順番に自分の作品を朗読していった最後のセッションでは、5つの作品が一つの息になって呼吸しているかのようでした。

開運朗読会は外部に告知していなかったせいか、50名収容できる会場は30名ほどの聴衆で、最後までゆったりとした気分で聴くことができました。あたたかくて、ちょっとエロチックで、適度な距離があり、押し付けがましくなく、全体にいい大人の雰囲気で、居心地がよくて楽しかったです。

b0000924_14305176.jpg

長い紙テープに書いた「仮縫う夜」を朗読する川口晴美さん。
ショールを被っての熱演でした。

[PR]

by hannah5 | 2010-05-30 23:42 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented at 2010-06-06 10:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2010-06-07 21:02
鍵様、お返事ありがとうございました。
鍵さんの所に返信書かせていただきました。

<< 暑い日は 森ねこさん >>