The Beat Goes On… 裸の詩、ビートの夜   


8月28日(土)、午後7時からTokyo Hipsters Club (2F, Gallery)で「裸の詩、ビートの夜」と題して朗読とトークのイベントがありました。出演は小池昌代さん、文月悠光さん、氵(サンズイ)(永澤康太さん、橘上さん、吉原洋一さん)。(Tokyo Hipsters Club主催、思潮社協力)

会場となったTokyo Hipsters Clubは打ちっぱなしのコンクリートの外観が目を引きました。中に入ると広々とした空間にビートジェネレーション関係の書籍、男性用のファッショングッズや小物、アンティークなどが売られていてなかなか刺激的でした。

b0000924_2251522.jpg

1960年代の米西海岸の写真が壁いっぱいに貼られた2階の会場で始まった朗読は、氵(サンズイ)の3人のユニットによる朗読を皮切りに、文月悠光さん、小池昌代さんの順で行われました。どの朗読もとても引き込まれて聴きましたが、中でも特に14歳の時から野外で朗読をしてきたという文月悠光さんの朗読は圧巻でした。細い体からはよく通る声が浪々と響き、文月さんの作品のオーラに会場全体が包まれました。朗読の後のトークでは各人の詩との出会いやふだんの活動、ネットとの関わりなど、濃いお話が聞けました。

言葉がある。再確認した夜でした。
[PR]

by hannah5 | 2010-08-29 01:23 | 詩のイベント | Comments(2)

Commented by りり at 2010-09-16 21:03 x
はんなさん、こんばんは。
なんだか不思議な、素敵な場所ですね。
写真がとても幻想的です。
会場で行われた朗読会の様子もわかり、たのしく読ませてもらいました。

下の日記、「鼓膜をほぐして」佳作おめでとう!!
私もつい最近、鼓膜のことを題材にしたものを書いていたので、びっくりしたのと朗報に嬉しかったのと両方で、やっぱり嬉しい気持ちです。
Commented by hannah5 at 2010-09-16 23:34
りりさん、こんばんは。
実際のTokyo Hipsters Club はあまり幻想的には見えないんですけどね、建物を幻想的に見せる写真の撮り方がいいんでしょうね。
でも、中はなかなか面白いです。

「鼓膜をほぐして」へのコメントありがとうございます。
りりさんも最近、よく入選なさってすばらしいですね。
いつも楽しみに読ませていただいています。

<< トイレの神様 詩と思想 >>