現代詩研究会(シンポジウム) ~ 若い詩人たちの「いま」   


9月4日(土)午後2時より、東大駒場キャンパスにて日本詩人クラブ主催の現代詩研究会があり、視聴してきました。題して「若い詩人たちの「いま」」。主に詩と思想で活躍する若手詩人たちのパネルによるシンポジウムでした。プログラムは1部-シンポジウム、詩の朗読、2部-シンポジウム(1部の続き)でした。パネリストは岡田ユアンさん、高岡力さん、ブリングル御田さん、渡ひろこさん、朗読は藤吉みわさん、バイオリンは佐藤達男さん、司会は小川英晴さんでした。

シンポジウムは最初に各自が自分の作品を朗読することから始まりました。パネリストの詩人たちは詩との出会い、詩への思い、若い世代から見た現代詩、ネット詩の現在、若い感性の持つ特質および問題点の提示、同人誌との関わり、先行詩人への関心、今後の仕事(目指すべき方向性と展開の方法)、詩壇ジャーナリズムへの関心などについて、各自が体験や意見、考えや展望などを述べました。興味深かったのはほとんどの人がネットで詩を書いていた時期があったこと、あるいは現在も書いていること、同人誌を持ち定期的に作品を発表していることなどでした。また、1部と2部の間にはパネリストの詩人たちの作品と小川英晴さんの作品を数篇ずつ、佐藤達男さんのバイオリンをバックに藤吉みわさんが朗読しました。普段は自分の作品は自分で朗読している人たちも、他人が朗読するのを聴いていつもとは違う感慨をもったようです。

内容の濃いシンポジウムでなかなかよかったと思います。欲を言えばもう少しパネリスト同士の意見交換などがあればと思いました。
[PR]

by hannah5 | 2010-09-05 01:11 | 詩のイベント | Comments(4)

Commented by キムタツ at 2010-09-05 13:21 x
お久しぶりです。キムタツこと木村達雄です。
私も、会場に居ました!お話できれば良かったですね。初めてナマ光富さんを拝見して、でも「初めまして。今日ははんなさんは来てますか?」とかいうのも可笑しいな、と思って。
芸術家のミズさん?の真面目過ぎておもしろくないという発言が強烈に残っています。
Commented by hannah5 at 2010-09-05 17:24
キムタツさん、えー!どのへんに座ってらしたのですか?
私はちょっと遅れて着いたので、窓際の座席に座ってました。
(ちょうどみつとみさんと間反対くらいの席)
お話できなくて残念でしたねー
Commented by キムタツ at 2010-09-06 01:43 x
森川さんの真後ろの窓際で。私は今ひげのおっさんです笑。
又お会い出来る機会を楽しみにします~!
Commented by hannah5 at 2010-09-06 12:33
キムタツさん、あぁ、そのあたりは私からは見えなかったですね。
研究会はたぶん当分行かないと思いますが、
詩と思想関連のイベントとか、現代詩手帖関連のイベントなんかに
よく出かけますから、またお会いできる時があるでしょうね。
その時はまたよろしくです。

<< ミルクいろした日 再開 >>