日本の詩を読む III   

きのうは野村喜和夫さんの「日本の詩を読む」の講義の日でした。10月29日が休講になりましたので、その分の「夢・狂気・言語-シュルレアリスムの系譜②」が講義されました。

シュルレアリスムとはそもそも何か。ひと言で言うのはむずかしいですが、どうやら人間の無意識を掘り下げていった時に現れる精神世界だそうで、イタリアの未来派やドイツの表現主義とは根本的に違うようです。未来派や表現主義は技巧的なもの、シュルレアリスムは精神分析に焦点を当てたものだそうです。きのうは最初にシュルレアリスム運動に参加した画家たちの作品のいくつかが紹介されました(キリコ、マックス・エルンスト、アンドレ・マッソン、ミロ、ピカソ、マンレイ、ルネ・マグリット、イブ・タンギ、ダリなど)。どの作品にも共通して言えることは線描がきっちりしているということ、一見では何が描かれているかよくわからない絵もありました。その後、日本のシュルレアリスムの詩人、吉岡実の「過去」と天沢退二郎の「旅の夜明けに」「ソドム」「死刑執行官」を、それにアンドレ・ブルトンの『溶ける魚』(19)(大岡信訳)を読みました。

尚、休講になった分は12月24日に振替講義が行われます。(うむむ・・・ クリスマス・イブだ・・・)

*****

【講義のスケジュールと内容】
1. 10月15日(金)  夢・狂気・言語-シュルレアリスムの系譜①
2. 11月26日(金)  夢・狂気・言語-シュルレアリスムの系譜②
3. 12月10日(金)  愛・自然・抒情-詩的自我のメタモルフォーゼ①
4. 12月24日(金)  愛・自然・抒情-詩的自我のメタモルフォーゼ②
5. 1月7日(金)    戦争・革命・都市-詩は社会批判である①
6. 1月21日(金)   戦争・革命・都市-詩は社会批判である②
[PR]

by hannah5 | 2010-11-27 14:56 | 詩のイベント | Comments(0)

<< ことたりない/三幕 狼+18号 >>