詩と思想新年会   


少し遅くなりましたが、1月10日(月・祝日)午後1時より、詩と思想の新人賞授賞式を兼ねた新年会がありました(場所はホテルグランドパレス)。

今年の新人賞は岡田ユアンさんの「明朝体」でした。岡田ユアンさんは比留間一成さんの現代詩教室(通信)で学んでこられ、現在は詩と思想研究会に出席して学ばれていらっしゃるそうですが、詩を書き始めるきっかけも指導を受ける場所は人それぞれに違い、一つの賞を受賞するに至る道のりもまた人それぞれさまざまなのだと思いました。

詩と思想研究会に出たのは2、3回ほどですが、何人かの方達が覚えていてくださって声をかけていただきました。覚えていてくださって恐縮です。新年会後の二次会は都合により欠席させていただきました。


                                   ******

【詩と思想新年会プログラム】

I.  第19回「詩と思想新人賞」授賞式 午後1時~2時

   開会の言葉
   来賓挨拶: 伊藤桂一、新井豊美、比留間一成、西岡光秋
   選考経過: 一色真理
   選評: 相沢史郎、新川和江、森田進
   受賞者の表彰
   受賞者紹介: 小川英晴
   受賞者挨拶と受賞誌の朗読: 岡田ユアン「明朝体」
   花束贈呈

II. 懇親会 午後2時~4時

   開宴の言葉: 菊田守
   最優秀新人表彰
   乾杯: 丸山勝久
      ―― 祝宴 ――
   スピーチ
   社主挨拶
   閉会の言葉

III. 二次会: 「さかなさま」にて 午後4時10分~6時
[PR]

by hannah5 | 2011-01-22 17:43 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む III 若いぞ >>