長谷川龍生先生の教室の新年会   


以前、3ヶ月ほど長谷川龍生先生の詩の教室に通ったことがあり、そのご縁で今日行われた新年会に招んでいただきました。(新現代詩で定期的に書かせていただいているのも、この教室でサブリーダーを努められている松本恭輔さんにお誘いを受けたからです。)場所はいつも教室が開かれている神田の文藝学校でした。

参加者は龍生先生を入れて全部で10名。ジャーナリストの方もいらしていて、安部公房とのお付き合いの話や、田中角栄や大平正芳などの政治家とのお付き合いの話、城戸朱理さんなどユリイカの新人を発掘した話等々、文学者に留まらず幅広い人脈とのお付き合いや裏話など、時にどこまで本当かわからない眉唾気味の話を交えながら龍生先生は楽しそうに話されていました。以前教室に通っていた頃より、お元気になられたご様子で、相変わらず執筆等お忙しいご様子でした。教室の生徒さんたちも皆お元気そうでした。いろいろなご馳走やスナックや飲み物など、一手に引き受けて用意してくださった降旗りのさん、ご苦労さまでした。松本恭輔さん、招んでいただいてありがとうございました。
[PR]

by hannah5 | 2011-01-30 20:15 | 詩のイベント | Comments(0)

<< ぎざぎざの襞の間 日本の詩を読む III >>