私の好きな詩・言葉(22) 「詩人のうたたね」   

詩を詠む一人として、詩がどのように生まれてくるのか、そして人はそれをどのように感受するのか興味があります。母の胎内にも似た心の奥深くで、言葉になる前の想いが言葉という明確性をもって生まれ出ずる。

寝太郎さんの「詩人のうたたね」に共感を覚えました。一つ魂の中で心が胎動し始め、想いが言葉を与え、意志が胎児となった言葉を産み落とす。言葉が生まれる瞬間を寝太郎さんの感性がとらえた見事な詩です。(うたたねの記


詩人のうたたね


ことばが生まれる
生まれようとしている

光あれ

夜の深みで誰かが命じた
祈りの大河から
ひとつの魂が掬い取られた

そして想いが湧き起こる

暖かな
命の歌
どこまでも広がっていく
クスクス笑い
そして、沈黙
満ち足りたまどろみ
眠りの精たちが
流れるように
静かに舞う
光と戯れる
羽毛のよう

そこは魂の揺りかご
世界に光をもたらす
ことばのまどろみ、育まれるところ

彼らは大切にくるまれて
名づけられるのを待ち続ける
自分だけの名前
世界との約束の印
その絆の結ばれる
神聖なその瞬間を

あぁ、そして今、
かなたより呼ぶ声が聞こえる

「目覚めよ!ことばが生まれる!!」と
[PR]

by hannah5 | 2005-01-04 15:18 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(6)

Commented by satsuki_ok at 2005-01-04 19:58
すごい!!マジすごい!すっげー感動した~!!
きれーだな、こういう世界・・・。うらやましいな・・・。

んん・・・どうしてぼくんは暗いんだろうな(苦笑)
やっぱ、根が暗いのかな・・・。
ぼくんはどうも叫び声に近いからな~、いつも・・・。
なんだかちょっと反省です。(^^;
でも、きっとなおらんだろうな・・・このスタイルは・・。
すいません。。。変な書き込みしちゃって。。
Commented by hannah5 at 2005-01-04 23:57
*satsukiさん、いい詩ですよね。
寝太郎さんの詩は力があって知的で、好きですよ。

そういうsatsukiさんもいい詩を書くじゃないですか。
暗いとは思わないけど。
どちらかというと、satsukiさんの詩は心の奥でうごめいているものを書き出すという感じがします。
詩にはその人なりの心と感性が現れますから、寝太郎さんには寝太郎さんの詩があるし、satsukiさんにはsatsukiさんの詩があるし。
感動させる詩は、形は違っても、どれもいい詩だと思います。
Commented by satsuki_ok at 2005-01-05 02:55
あ、どうも(照)
コメント、ありがとうございます。うれしかったっす。お礼だけ言って逃げますです、では!
Commented by hannah5 at 2005-01-05 11:28
*satsukiさん、あ、いえいえ^^
って、これを書いてるときには、もういらっしゃらないんだけど・・(笑)
Commented by 寝太郎 at 2005-01-06 21:14 x
 こんばんは!!

 わぁ、嬉しいです。

 しかし、これを紹介していただけるとは、ちょっと意外でした。いや、ずっと気にはしていたのですが、まさかこれとは…。

 なんて言いつつ、実はこれってかなりお気に入りなんですよね。(笑)だから、嬉しいです。

 と、まぁ有頂天の作者からコメントでした。
 
 ありがとうございます!!
Commented by hannah5 at 2005-01-06 22:14
*寝太郎さん、こんばんは。
気に入っていただけて、よかった。
いい詩を読ませていただいて、こちらこそありがとうございました。

<< 知らせ ご挨拶 >>