ファティマ ~ 青の女神へ ~ 新井豊美に届ける声   



9月1日(土)に行われた新井豊美さんの追悼朗読会は、当初の予想を上回ってたくさんの方たちが来てくださり、盛況のうちに無事終了しました。出演者一人一人が新井さんとの思い出を語り、改めて新井さんという存在の大きさを感じるとともに、無限に大事なものを本当に失ってしまったんだなと思いました。


b0000924_18445371.jpg



                                *****


【プログラム】

司会 野木京子

Ⅰ部 朗読
     鳥居万由実
     中本道代    『河口まで』より「川の肖像」、新井さんに捧げる詩(近作)
     高平よしあき  新井さんの思い出、自作の詩
     はんな     『草花丘陵』より「みずうみ」
     香月ゆかし   『波』より「歓喜と塩」
     陶原葵     野木京子さんと共演で、『切断と接続』より「花骸」
     野木京子    新井さんへの追悼詩
     尾関忍     『切断と接続』より、自作の詩

Ⅱ部 対談と朗読
     吉田文憲×高貝弘也対談
     朗読 吉田文憲 「庭」
         高貝弘也

    ピアノ演奏と合唱
     『半島を渡る風』より「ここでわたしよ、すこしの間」の合唱
     作曲 阿部薫子作曲
     ピアノ 加藤睦

Ⅲ部 懇親会

(敬称略)
[PR]

by hannah5 | 2012-09-02 18:54 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 元気です♪ 残暑お見舞い申し上げます >>