私の好きな詩・言葉(27) 「頑是ない歌」   

中原中也の詩には悲しく苦しい詩が多い。早熟だった中也は早くから詩作を始めた。しかし、その生活は無頼、喧騒、交遊と絶交、徒労の女との愛、反逆、幻滅、酩酊、奇妙な傲慢と卑屈といった言葉で表すことができる。孤独と哀しみが中也の詩を甘美に浮かび上がらせる。

中也の詩は長い苦しみを通貨したあと、ある時、いくばくかの安らぎを見せるようになる。「頑是ない歌」は家庭をもち、通り過ぎてきた過去を幾分自嘲的に振り返っている。人生の悲哀ーそんなところに共感した。


頑是ない歌


思へば遠くへ来たもんだ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛の湯気は今いづこ

雲の間に月はゐて
それな汽笛を耳にすると
竦然(しょうぜん)として身をすくめ
月はその時空にゐた

それから何年経つことか
汽笛の湯気を茫然と
眼で追ひかなしくなつてゐた
あの頃の俺はいまいづこ

今では女房子供持ち
思へば遠くへ来たもんだ
此の先まだまだ何時までか
生きてゆくのであらうけど

生きてゆくのであらうけど
遠く経て来た日や夜の
あんまりこんなにこひしゆては
なんだか自信が持てないよ

さりとて生きてゆく限り
結局我ン(ママ)張る僕の性質(さが)
と思へばなんだか我ながら
いたはしいよなものですよ

考へてみればそれはまあ
結局我ン張るのだとして
昔恋しい時もあり そして
どうにかやつてはゆくのでせう

考へてみれば簡単だ
畢竟(ひっきょう)意志の問題だ
なんとかやるより仕方もない
やりさへすればよいのだと

思ふけれどもそれもそれ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛の湯気や今いづこ


(中原中也集『在りし日の歌』より)




生ひ立ちの歌

I.

   幼年時

私の上に降る雪は
真綿のやうでありました

   少年期

私の上に降る雪は
霙(みぞれ)のやうでありました

   十七-十九

私の上に降る雪は
霰(あられ)のやうに散りました

   二十-二十二

私の上に降る雪は
雹(ひょう)であるかと思はれた

   二十三

私の上に降る雪は
ひどい吹雪とみえました

   二十四

私の上に降る雪は
いとしめやかになりました・・・・・

II.

私の上に降る雪は
花びらのやうに降ってきます

薪の燃える音もして
凍るみ空の黝(くろ)む頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸べて降りました

私の上に降る雪は
熱い額に落ちもくる
涙のやうでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生したいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔でありました


中原中也 (1907-1937)

1907(明40)   4月29日、山口県吉敷郡山口町に生まれる。

1915(大4)    1月、弟亜郎が死んで、これを悼む歌をつくった。最初の詩作となる。

1920(大9)    4月、県立山口中学に12番の成績で入学。9月頃から文学書を耽読。
            学業を怠ったため、2年進級の際は120番だった。

1923(大12)   3月、中学3学年を落第。4月、京都立命館中学に転校。高橋新吉の『ダ
            ダイスト新吉の詩』から強い影響を受ける。

1924(大13)   4月、詩人永井叔をつうじて紹介されたマキノ・プロダクションの女優長谷
            川泰子(20歳)と同棲。この頃より、多数の詩、小説を書き始める。

1925(大14)   東大仏文科在学中の小林秀雄を知る。11月、泰子が小林秀雄のもとへ
            去る。

1931(昭6)    4月、東京外語専修科仏語科に入学。

1933(昭8)    12月、遠縁にあたる上野孝子と結婚。

1934(昭9)    10月、長男文也誕生。

1936(昭11)   11月、文也急死。12月、次男愛雅誕生。神経衰弱が昂じ、脅迫観念に襲
            われて苦しんだ。

1937(昭12)   1月、神経衰弱のため千葉寺療養所に入院。2月、退院。10月22日、
            結核性脳膜炎をおこして死去。享年30歳。
[PR]

by hannah5 | 2005-02-06 20:38 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(13)

Commented by shou20031 at 2005-02-06 20:49
こんにちは、久しぶりに中也の詩を読ませていただきました。遠い学生時代手垢の付いた中也の詩集を格好付けてポケットに入れた時期がありました。あの頃の感受性をもう一度取り戻せないかな~
Commented by hannah5 at 2005-02-06 23:52
*shou20031さん、こんばんは。
最近、若くして亡くなった詩人達の詩を読みながら、ふと思うことがあります。
皆すばらしい詩を残しているけれど、彼らもけっこうかっこつけていたのではないかということです。
若い時は詩を書く方も読む方も、同じようにかっこつけているものですね。
私もずいぶんわかったような顔をしてかっこつけていた時期がありました。
Commented by ksksk312 at 2005-02-07 00:12
中也の作品。「夏日静閑」がいいですね...。
大昔、パルコのポスターで偶然知った作品で、あんまり好きなので自分も同じタイトルで書いてみました。彼には、存外こんなさばさばした感じの作品がありますよね。(大岡昇平編集の岩波文庫に収録されていますので、機会があれば是非)
Commented by fibich at 2005-02-07 01:05
中也の詩の韻律は非常に日本的、そして詩になる律でもあります。
僕も最近よく使わせてもらってます。以前ここで紹介して頂いた
僕の詩もその韻律を使ったものでした。
最近のオンラ詩人は詩を書いて感性ばかりをぶつける傾向に
ありがち。もっと古くからの詩のスタイルなども取り入れても
いいんじゃないかと… ちょっと愚痴になっちゃいました。
Commented by macoto at 2005-02-07 04:23 x
思えば遠くに来たものだ
名のみを知りしこの土地へ
港の船舶は迎えるともなく
空舞う鳥たちは乱舞する

金山の幻影は山に埋もれ
海幸にて御殿と名乗る家々も
すでにふつうとかわらじか
朽ち果てしゴールドラッシュの槌音

論語に於いて立つと云われし歳で
曲がらずに折れることを知り
迷わずと云われし齢となりては
職を求めて新たな地へと一人着任

自らの中に全てありてみな足れり
名こそ知られた街へ名こそ捨てき
着更着迎えて寒さは増して
弥生歴史は子供へ戻る者のみ還り見る
Commented at 2005-02-07 04:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2005-02-07 14:45
*ksksk312さん、「夏日静閑」読んでないです。
教えていただいてありがとうございます。
私が持っている中原中也集(集英社「日本の詩」第12巻)には入っていないので、岩波文庫読んでみたいと思います。
Commented by hannah5 at 2005-02-07 15:00
*fibichさん
>もっと古くからの詩のスタイルなども取り入れてもいいんじゃないか
そうですね。
日本の詩の韻律は非情に響きがよくて、それだけで脳の奥に残るような気がします。
たとえば『山羊の歌』に収められている「修羅街輓歌」のIIIにこんな詩があります。

いといと淡き今日の日は
雨蕭々(せうせう)と降り洒(そそ)ぎ
水より淡き空気にて
林の香りすなりけり。

げに秋深き今日の日は
石の響きの如くなり。
思ひ出だにもあらぬがに
まして夢などあるべきか。

まことや我は石のごと
影の如くは生きてきぬ・・・・・
呼ばんとするに言葉なく
空の如くははてもなし。

それよかなしきわが心
いはれもなくて拳する
誰をか責むることかある?
せつなきことのかぎりなり。

これも好きな詩のひとつですが、韻律がよくて、心にすっと入ってきますね。
Commented by hannah5 at 2005-02-07 15:24
*鍵さん、なるほど。躁鬱病をもつ方はかなり多いようですね。
私はどちらかというと分裂的な傾向をもっていると思います。
まあ、病気といえるほどのものではないだろうと思いますが。
(心のバランスを崩すと発病するかもしれませんね。)

キリスト教で、神との一体感をもつなんて不可能です。
神の臨在を感じるということはありますが。
キリスト教における歓びは、神が自分のそばにおられるという発見、
神に見いだされたという安心感、神に愛されているという充足感だろうと思います。
「神は愛です。」(第一ヨハネ4:16)
キリスト教を端的に表した言葉です。
Commented by tonton814 at 2005-02-07 16:45
雪についての彼の詩、とてもすきです。
昔の作家は、まるでそれが流行かのように
病に倒れたり、精神分裂だった人が多いですね。
文を書くことは、身を削ること。
今でもそうなのかもしれませんね。
Commented at 2005-02-07 18:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2005-02-07 23:49
*コトンさん、いい詩ですよね。
病に倒れた人が多かったのは、治療法が発達していなかったからでしょう。
今でも精神分裂はけっこうあると思いますが、今はそれが文学だけにとどまっていないのではないでしょうか。
Commented by hannah5 at 2005-02-08 00:02
*鍵さん、大丈夫ですよ。
わからないと思います。

10代の頃、『分裂病の少女の手記』(みすず書房)
(実話だったと思います)というのを読んで、
自分は本当に分裂病なのかもしれないと思ったことがあります。
(人は分裂型、躁鬱型、もうひとつ何型か忘れましたが、
こういう型に分けられると聞きました。)

違いについては、たぶん実際に会ってお話を伺わなければ
仰っていることが充分私にはわからないように思います。
だから、たぶん私がいくら説明しても限界があるかなと思っています。
私の場合、聖書もさることながら、実際にクリスチャン達に出会って
かなりいろいろな質問をしたり、その生活を見たりして納得してきた部分が多いです。
3次元的な理解のしかたかもしれませんね。

<< 白梅 すずめの学校は♪♪ >>