フォルテピアニシモ vol.8 ~rebirth~   



                 遅すぎることはない いつの日もあなた自身が約束だから


文化の日の昨日、伊津野重美さんの朗読ライブに行ってきました(場所は吉祥寺のStar Pine’s Cafe)。私にとっては2回目の伊津野さんの朗読ライブですが、朗読だけでなく舞台の演出や音楽の使い方など、やっぱり伊津野さんの朗読は聴かせるものがあるなぁと思いながら聴きました。何よりも説明を入れずに作品だけを朗読する演出は、聴衆を言葉そのものと対峙させ、言葉だけが持つエネルギーと創造力に解き放ちました。また、今回はチェロ奏者の森重靖宗さんが参加され、即興演奏で言葉を盛り上げ、独特の世界が広がってこちらもよかったです。


【プログラム】

I

空には空  短歌*
ちいさな炎  詩*
れいこ  詩*
暗い森にいる人に  断章*
サムシング・グレート  詩*
Rebirth  詩*
落鳥の地から  短歌*

II
◇メドレー   チェロ:森重靖宗
『銀河鉄道の夜』より  宮沢賢治
『故郷』より  魯迅
序詩  尹東柱
風景  山村暮鳥
水のなかから水のなかへ  辺見庸
死者にことばをあてがえ  辺見庸
雨ニモマケズ  宮沢賢治
永訣の朝  宮沢賢治
『宗谷挽歌』より  宮沢賢治

III

『<孤絶-角>』より  岸田将幸
冥き雨降るこの星に  短歌*

*伊津野さんの作品



〈出演者プロフィール〉

◇ 伊津野重美(いつの・えみ)

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ』を風媒社より刊行。
2010年に写真集ataraxia(岡田敦・伊津野重美)を青幻舎より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集。
2011年 笹井宏之作品集『えーえんとくちから』Parco出版、編集委員。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
伊津野重美さんのHP:paperpiano


◇ 森重靖宗(しげもり・やすむね)

チェロによる独特な即興演奏を行う。
国内外の音楽家、舞踏家、アーティスト等と数多く共演。
2009年にチェロとピアノのソロによる即興演奏で構成されたCD fukashigi を発表。
音楽活動以外にも、写真作品集 photographs をPowershovel Booksより出版。
[PR]

by hannah5 | 2012-11-04 23:45 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む VIII その1 神奈川新聞 >>