「詩とアートが出逢うとき」   


新宿のギャラリー絵夢では現在、小川英晴さん企画、画家の絵と詩人の詩のコラボ展「詩とアートが出逢うとき」が展示されています(12月19日(水)まで)。このコラボ展を記念して、12月14日(金)午後6時より、朗読会が催されました。朗読の出演者はねじめ正一さん、ミズ・テツオさん、鹿又夏実さん、小川英晴さんで、朗読には佐藤達男さんのギターの即興の伴奏がつきました。

小川英晴さんの朗読を拝聴したのはこれで2回目ですが、いつもセンスがよくて、特に佐藤達男さんのギターの伴奏が雰囲気を盛り上げてなかなか素敵です。今回の朗読会は詩だけではなく、エッセイが朗読されたり、小川さんとの個人的な交流のお話を披露されたり、小川英晴さんを囲んで言葉の室内楽を聴くような感じでした。朗読会の後は朗読会に来られたたくさんの方たちとのオープニングパーテイで盛り上がりました。

【小川英晴選】
天野裕夫
有賀真澄
河原朝生
白石潔
富山恵美子
中嶋明
中上清
平澤重信
開光市
平野充
藤浪理恵子
益村千鶴
松生歩
ミズ・テツオ
ムラカズユキ
安元亮祐
山本靖久
渡辺有葵

【鹿又夏実選】
岩田泰子
加藤広貴
鶴田学
夏目麻麦
古谷一弘
細井世思子
箕輪千絵子
山本萌美
李英圭

(敬称略)
[PR]

by hannah5 | 2012-12-15 13:36 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 詩集 『あ、』 日本の詩を読む VIII その4 >>