日本の詩祭2013   


6月2日(日)、日本現代詩人会主催による「日本の詩祭2013」が行われました(於ホテル・メトロポリタン・エドモント)。今年のH氏賞は石田瑞穂さんの『まどろみの島』、現代詩人賞は池井昌樹さんの『明星』がそれぞれ受賞されました。また、先達詩人の顕彰は比留間一成さんに贈られました。その後、休憩を挟んで、詩の朗読、DiVaによる演奏、「越境できるか、詩歌」と題したシンポジウムが行われ、とても楽しかったです。石田瑞穂さんの『まどろみの島』も印象的でしたし、池井昌樹さんの『明星』の作品は私の中で強いインパクトが残りました。

前回行った時は新井豊美さんが会長の時で、病気のことなどまったくなくて、まだお元気でした。そんなことを思い出したりしていました。


【プログラム】

[Ⅰ]
開会のことば理事長                            山田隆昭
★第63回H氏賞贈呈
    選考経過報告                  選考委員長   斎藤征義
    H氏賞贈呈                    会長       八木忠栄
    受賞詩集『まどろみの島』について                城戸朱里
    受賞のことば                             石田瑞穂
★第31回現代詩人賞贈呈  
    選考経過報告                  選考委員長   秋山基夫
    現代詩人賞贈呈                 会長       八木忠栄
    受賞詩集『明星』について                     丸山達馬
    受賞のことば                             池井昌樹
★先達詩人の顕彰
    先達詩人への敬意・記念品贈呈       会長       八木忠栄
    比留間一成氏について                       伊勢山峻
    先達詩人のことば                          比留間一成

司会 高山利三郎、杉本真維子、廿楽順治、柴田千晶

(休憩)


[Ⅱ]
★詩の朗読H詩賞受賞詩集『まどろみの島』から           石田瑞穂
現代詩人賞受賞詩集『明星』から                     池井昌樹
★音楽DiVa演奏
   高瀬麻里子(Vo)、谷川賢作(Pf)、大坪寛彦(B)
★シンポジウム「越境できるか、詩歌」
   パネラー 短歌・穂村弘、俳句・奥坂まや、詩・高橋睦郎
   司会 野村喜和夫

閉会のことば                        実行委員長  金井雄二
(敬称略)
[PR]

by hannah5 | 2013-06-05 20:54 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む IX その2 詩画展 >>