吉原幸子草稿展 ~ ラ・メール同窓会   


b0000924_18452788.jpg


6月21日(金)から今日まで、荻窪の葉月ホールで「吉原幸子草稿展」が開かれています。吉原幸子没後10年、ラ・メール創刊30年を記念して、吉原幸子の自筆原稿や劇団四季時代の写真などが展示されています。その関連イベントとして、22日(土)は吉原幸子の素顔や個人的な関係などの紹介(鈴木ユリイカ、吉原純)、28日(金)は記念朗読会が数奇和(東京西荻窪)で(稲葉真弓、野村喜和夫、小池昌代、目黒裕佳子)、29日(土)はラ・メールの同人たちによる「ラ・メール同窓会」が行われました(新川和江、新藤涼子、柴田千晶、岬多可子、國峰照子、中本道代)。私は時間の関係で、29日に行われた「ラ・メール同窓会」だけ行ってみました。

ラ・メールは思潮社の小田久郎さんの発案で、新川和江さんと吉原幸子さんを編集人として始められた女性だけの詩誌で、1983年から1993年まで続けられました。(柴田千晶さんや岬多可子さん、國峰照子さん、中本道代さん、小池昌代さんはラ・メール新人賞を受賞した方たちです。)

女性詩人として活躍されてこられた新川和江さんや新藤涼子さんのお話はとても面白かっただけでなく、同性の私には大変興味深く、参考になることばかりでした。

ところで、しばらく前まで参加させていただいていた旋律は長崎ラ・メールの会発行の詩誌ですが、1999年2月に新川和江さんが長崎を訪問された折りに記念として創刊されたものです(この夏をもって旋律は休刊します)。新川和江さんと家が近いことなど、ラ・メールと直接関係はないものの、間接的にラ・メールに繋がりがあるようで、不思議な縁を感じます。

b0000924_18441162.jpg

[PR]

by hannah5 | 2013-06-30 18:46 | 詩のイベント | Comments(0)

<< ビビるニャンコ 詩と思想7月号 >>