19才の僕の恋   


僕は案外つかめているけど
大人になっても自信のない君

僕はかなりマジメに恋愛しているけど
マジメかどうかもわからない年上の君

僕はかなり君に優しいけれど
君は自分の都合ばかり押しつける

いつだって呼び出されるのは僕の方
メールを送っても君の返事は三日あと

二人の時間は甘くて切ないのに
君はなぜだかずっとうつろ

君が好きだって言うから期待したのに
いつの間にかもう飽きてしまった君

一人の時間が来るなんて思ってもみなかった
一人の時間は退屈で苦しいだけ

僕はあれから君のことをずっと覚えている
君は今ごろ当てもなく人生を探しているんだろうか
[PR]

by hannah5 | 2005-02-20 16:25 | 作品(2004-2008) | Comments(17)

Commented by hannah5 at 2005-02-20 16:36
教会の帰りに本屋で立ち読みをした山崎ナオコーラの『人のセックスを笑うな』(第41回文藝賞受賞)をベースにしました。
Commented by sofia_ss at 2005-02-20 16:46
ん~、、もうカレシといったら年下でしか・・
そんな年齢ですわ^^
Commented by hannah5 at 2005-02-20 17:17
*そふぃ、今、年下がはやってますから、いいんじゃないでしょうか^^
『人のセックスを笑うな』は19才の男の子と39歳の女の恋愛のお話です。
Commented by satsuki_ok at 2005-02-20 18:49
ほう、なるほどね~。そういうもんですか。。。
とぼとぼ・・・・。
Commented by hannah5 at 2005-02-20 23:45
*サツキさん、はい、そういうもんです^^
サツキさんも20歳年上の女性を目指してみたら?(爆)
Commented by satsuki at 2005-02-20 23:59 x
はい??
20歳年上の女性をぼくが目指すんですか??
なぞなぞ??(笑)
Commented by hannah5 at 2005-02-21 00:12
*サツキさん、いいアイデアじゃない?(笑)
Commented by satsuki_ok at 2005-02-21 01:06
むう??(--;;;
Commented by 理彩也 at 2005-02-21 11:05 x
Risaは年下は嫌だ!!!
同級生も嫌だし。。。
歳はやっぱり5歳以上離れているのがいいなぁぁあああ
てか、
さつきさんって男性だったのですかー?\(◎o◎)/ ビックリ!!!
Commented by yuuki-555 at 2005-02-21 22:39
ははっ~ 何だ!
こんな詩も はんなは書くんだ~ ^^

切ないな~ ・・・ 心が痛い ! 病も痛い!! ^^

 とりあえず 1クリック!!

                     ☆ ゆうき ☆
Commented by hannah5 at 2005-02-21 22:43
*サツキさん、このアイデアだめ?
いいと思ったのになぁ・・・(笑)
Commented by hannah5 at 2005-02-21 22:45
*りさちゃん、年下だめですか?
かわいいよwww
そそ、サツキさんはれっきとした男性で~す^^
Commented by hannah5 at 2005-02-21 22:53
*ゆうき、そう、たまにはいいでしょ?こんな詩も。
切ないよ、この恋の顛末。
クリック、ありがとう^^
Commented by satsuki_ok at 2005-02-22 05:57
ここにも「わるのり」がいる(--;
てか、それはぼくのこと??もしかして??
わ、私のことなの~??
わ、私ですか??
ボクですか?

はい、自分のことです。(^^;

反省します・・・んで・・・
海より深く突き抜けちゃって、空より高く舞い上がっちゃおう(笑)
(えっ???)
Commented by hannah5 at 2005-02-22 19:56
*サツキさん、むぅ・・・
脳みそが溶け出しそうな言葉たち・・
Commented by sanpink at 2006-03-26 02:39
うわぁ。
泣きそになった。

「君」は私に似てたから。
「僕」のオトナっぽさに惹かれたから。

掴み所がないのは照れ屋だから。
アツイところは見せないの。

初めて来ました!
またおじゃましますね。
Commented by hannah5 at 2006-03-26 23:47
*sanpink さん、はじめまして^^
君と僕がsanpink さんの体験とダブりますか?
ふむむ。。。

はい、またお越しくださいね^^

<< 私の好きな詩・言葉(29) 「... 朝 >>