キム・ナムギル   


少し前にNHKで 『赤と黒』 という韓国のドラマを放映していましたが、その中で主人公のシム・ゴヌクを演じたのがキム・ナムギルという若手の俳優でした。韓流に興味のない私はこの俳優のことを知りませんでしたが、ドラマを観ているうちに彼の演技力の凄さに魅了されました。

物語の内容は両親に捨てられ、孤児院で育った男の子が成長して家族に復讐をするというものですが、孤独や復讐心はもとより、甘え、ずるさ、巧妙な嘘、素直さ、切なさなど、顔の表情だけでそれらを演じ分けるキム・ナムギルの演技力には目を見張るものがありました。

甘いマスクの韓流スターが多い中で、キム・ナムギルは辛口な骨っぽさが魅力と言えます。


[PR]

by hannah5 | 2013-08-17 15:54 | Music | Comments(0)

<< 私の好きな詩・言葉(154) ... 猫のイロハ >>