詩と詩想10月号   


b0000924_1532497.jpg

詩と詩想10月号に、三浦志郎さんが「はんな詩想」を書いてくださいました。三浦さんは私がネット投稿していた時に毎回評をくださっていた方です(ネットの詩投稿掲示板MY DEAR)。私の第一詩集 『あ、』 の作品にさまざまな考察を与え、詩論を試みてくださいました。私一人で書いていた時には考えてもみなかった方向へ作品を引っ張って行ってくださり、詩集全体をさまざまな色の織り糸で織られた織物のように仕立ててくださいました。三浦さんという第三者の目を通して見ると、まったく違う世界が広がって、読者にはこんな印象を与えているのだと改めて思いました。これはかなり新鮮な発見であり、驚きです。

最初土曜美術社出版販売からはんな詩論を書きましょうというお話をいただいた時、詩人としてはまだ駆け出しの若輩者の私に詩論はかなり早いのではないかと思いました。なぜなら、私の詩は本当の意味で私自身の作風が出来上がっていないし、これからも変化し続けると思うからです。でも、そんな心配は、三浦さんの詩論を読んで、無用だったと思いました。

詩人が詩人として成長していくためには詩を書くことはもちろんですが、第三者に詩論を書いてもらうことによって、一人で作品を書くのとは違う次元に導き入れられます。詩論は詩人に作品を見る第三者の目が詩人自身の思惑や意図とはまったく異なることを発見させ、詩に厚みや深みを与えます。詩を書いているだけでは一方向にしか成長しませんが、第三者の詩論はあらゆる方向に詩人を引っ張って行き、それが詩人に大きな成長を促すものであると思います。

三浦さんの詩論は二段組みで6頁にわたって掲載されています(400字詰め原稿用紙10枚分)。ありがたく、嬉しく、これからも書き続けていこうと、新しい気持ちで思っています。

また、巻頭に「プリズム」という同人誌の会が紹介されており、数名の知人の方たちの写真が掲載されています。こちらも嬉しいなあと思っています。詩と詩想10月号、よろしければご覧ください。
[PR]

by hannah5 | 2013-09-30 15:32 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

<< 日本の詩を読む IX その9 日本の詩を読む IX その8 >>