日本の詩を読む X 「日本の訳詩集を読む その2」   


10月21日(金)は「日本の詩を読む」の2回目の講義でした。今回は堀口大學の訳詩集『月下の一群』についての講義でした。

堀口大學は若い頃外交官を目指していたのですが、外交官試験に失敗し、また体が弱かったことから外交官の父親に連れられて長い間外遊をしていました。外国にいる間、フランス語の詩を愛し、どこに行ってもフランス語の文学書を読み、折に触れ個人的な遊び心で日本語への翻訳を試みました。ですから、当初は出版の意図はなかったようです。しかし出版してみると、初版1200部はじきに売り切れとなり、再版、三版、普及版まで版を重ねました。ここにはエスプリ・ヌーボー(新精神)と言われたギィヨーム・アポリネールの「ミラボー橋」を置いておきます。


ミラボー橋
     ギィヨーム・アポリネール


ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
    われ等の恋が流れる
   わたしは思ひ出す
悩みのあとには楽しみが来ると

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

手と手をつなぎ顔と顔を向け合はう
    かうしてゐると
   われ等の腕の橋の下を
疲れた無窮の時が流れる

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

流れる水のやうに恋も死んでゆく
    恋もまた死んでゆく
   生命ばかりが長く
希望ばかりが大きい

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

日が去り月が行き
    過ぎた時も
   昔の恋もふたたびは帰らない
ミラボー橋の下をセーヌ河が流れる

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る



Le Pont Mirabeau
          Guillaume Apollinaire


Sous le pont Mirabeau coule la Seine
Et nos amours
Faut-il qu’il m’en souvienne
La joie venait toujours après la peine

Vienne la nuit sonne l’heure
Les jours s’en vont je demeure

Les mains dans les mains restons face à face
Tandis que sous
Le pont de nos bras passe
Des éternels regards l’onde si lasse

Vienne la nuit sonne l’heure
Les jours s’en vont je demeure

L’amour s’en va comme cette eau courante
L’amour s’en va
Comme la vie est lente
Et comme l’Espérance est violente

Vienne la nuit sonne l’heure
Les jours s’en vont je demeure

Passent les jours et passent les semaines
Ni temps passé
Ni les amours reviennent
Sous le pont Mirabeau coule la Seine

Vienne la nuit sonne l’heure
Les jours s’en vont je demeure.
[PR]

by hannah5 | 2013-10-27 01:07 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む X 「日本の訳... これから年末まで >>