日本の詩を読む X 「日本の訳詩集を読む その4」   


11月25日(月)は「日本の訳詩集を読む」の4回目の講義でした。(講師は野村喜和夫さん。)今回は第二次世界大戦後に焦点を当てて講義が行われました。中桐雅夫、鮎川信夫、田村隆一らに代表される荒地派、野間宏、関根弘らに代表される列島派、フランスのドイツ占領時代(1940-1944)、エリュアールを翻訳した安藤次男、パウル・ツェランの話などを中心に講義が進められました。

こうして見ると、詩壇の中央で活躍する詩人たちがいかに西洋の詩から影響を受けてきたか、西洋の風土の中で育った詩からいかに貪欲に新しいものを吸収しようとしたか、そしていかにそれを日本の風土になじませようとしたかがうかがわれます。

読んだ作品はポール・エリュアールの「自由」、パウル・ツェランの「ストレッタ」、野村さんが現代詩手帖に寄稿された「ハイデガー/シャール/ツェランその2」でした。読んだ作品の数は少なかったですが、中身の濃い講義でした。(戦後詩はもちろんフランスの詩だけではありませんが、英語や独語などフランス語圏以外の詩があまり登場しないのは野村さんの専門外なため。)



自由

   ポール・エリュアール
   (安東次男訳)


ぼくの生徒の日のノートの上に
ぼくの学校机と樹々の上に
砂の上に 雪の上に
ぼくは書く おまえの名を

読まれた 全(すべ)ての頁(ページ)の上に
書かれてない 全ての頁の上に
石 血 紙あるいは灰に
ぼくは書く おまえの名を

金色に塗られた絵本の上に
騎士たちの甲胄の上に
王たちの冠(かんむり)の上に
ぼくは書く おまえの名を

密林の 砂漠の 上に
巣の上に えにしだの上に
ぼくの幼年の日のこだまの上に
ぼくは書く おまえの名を

夜々の奇蹟の上に
日々の白いパンの上に
婚約の季節の上に
ぼくは書く おまえの名を

青空のようなぼくの襤褸(ぼろ)の上に
くすんだ日の映る 池の上に
月のかがやく 湖の上に
ぼくは書く おまえの名を

野の上に 地平線に
小鳥たちの翼の上に
影たちの粉挽き場の上に
ぼくは書く おまえの名を

夜明けの一息ごとの息吹(いぶき)の上に
海の上に そこに泛ぶ船の上に
そびえる山の上に
ぼくは書く おまえの名を

雲たちの泡立てクリームの上に
嵐の汗たちの上に
垂れこめる気抜け雨の上に
ぼくは書く おまえの名を

きらめく形象の上に
色彩のクローシュの上に
物理の真理の上に
ぼくは書く おまえの名を

めざめた森の小径(こみち)の上に
展開する道路の上に
あふれる広場の上に
ぼくは書く おまえの名を

点(つ)くともし灯の上に
消えるともし灯の上に
集められたぼくの家たちの上に
ぼくは書く おまえの名を

二つに切られたくだもののような
ぼくの部屋のひらき鏡の上に
虚(うつ)ろな貝殻であるぼくのベッドの上に
ぼくは書く おまえの名を

大食いでやさしいぼくの犬の上に
そのぴんと立てた耳の上に
ぶきっちょな脚の上に
ぼくは書く おまえの名を

扉のトランプランの上に
家具たちの上に
祝福された焔(ほ)むらの上に
ぼくは書く おまえの名を

とけあった肉体の上に
友たちの額の上に
差し伸べられる手のそれぞれに
ぼくは書く おまえの名を

驚いた女たちの顔が映る窓硝子の上に
沈黙の向うに
待ち受ける彼女たちの唇の上に
ぼくは書く おまえの名を

破壊された ぼくの隠れ家たちの上に
崩れおちた ぼくの燈台たちの上に
ぼくの無聊(ぶりょう)の壁たちの上に
ぼくは書く おまえの名を

欲望もない不在の上に
裸の孤独の上に
死の足どりの上に
ぼくは書く おまえの名を

戻ってきた健康の上に
消え去った危険の上に
記憶のない希望の上に
ぼくは おまえの 名を書く

そしてただ一つの語の力をかりて
ぼくはもう一度人生を始める
ぼくは生れた おまえを知るために
おまえに名づけるために

自由(リベルテ) と。



LIBERTÉ

Sur mes cahiers d’écolier
Sur mon pupitre et les arbres
Sur le sable sur la neige
J’ écris ton nom

Sur toutes les pages lues
Sur toutes les pages blanches
Pierre sang papier ou cendre
J’ écris ton nom

Sur les images dorées
Sur les armes des guerriers
Sur la couronne des rois
J’ écris ton nom

Sur la jungle et le désert
Sur les nids sur les genêts
Sur l’echo de mon enfance
J’ écris ton nom

Sur les merveilles des nuits
Sur le pain blanc des journées
Sur les saisons fiancées
J’ écris ton nom

Sur tous mes chiffons d’azur
Sur l’étang soleil moisi
Sur le lac lune vivante
J’ écris ton nom

Sur les champs sur l’horizon
Sur les ailes des oiseaux
Et sur le moulin des ombres
J’ écris ton nom

Sur chaque bouffée d’aurore
Sur la mer sur les bateux
Sur la montagne démente
J’ écris ton nom

Sur la mousse des nuages
Sur les sueurs de l’orage
Sur la pluie épaisse et fade
J’ écris ton nom

Sur les formes scintillantes
Sur les cloches des couleurs
Sur la vérité physique
J’ écris ton nom

Sur les sentiers éveillés
Sur les routes déployées
Sur les places qui débordent
J’ écris ton nom

Sur la lampe qui s’allume
Sur la lampe qui s’éteint
Sur mes maisons réunies
J’ écris ton nom

Sur le fruit coupé en deux
Du miroir et de ma chambre
Sur mon lit coquille vide
J’ écris ton nom

Sur mon chien gourmand et tendre
Sur ses oreilles dressées
Sur sa patte maladroite
J’ écris ton nom

Sur le tremplin de ma porte
Sur les objets familiers
Sur le flot du feu béni
J’ écris ton nom

Sur toute chair accordée
Sur le front de mes amis
Sur chaque main qui se tend
J’ écris ton nom

Sur la vitre des surprises
Sur les lèvres attentives
Bien au-dessus du silence
J’ écris ton nom

Sur mes refuges détruits
Sur mes phares écroulés
Sur les murs de mon ennui
J’ écris ton nom

Sur l’absence sans désirs
Sur la solitude nue
Sur les marches de la mort
J’ écris ton nom

Sur la santé revenue
Sur le risque disparu
Sur l’espoir sans souvenir
J’ écris ton nom

Et par le pouvoir d’un mot
Je recommence ma vie
Je suis né pour te connaître
Pour te nommer

Liberté.
[PR]

by hannah5 | 2013-12-01 23:34 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む X 「日本の訳... 日本の詩を読む X 「日本の訳... >>