日本現代詩人会ゼミナールと新年会   


1月18日(土)午後2時から、日本現代詩人会の現代詩ゼミナールと新年会がありました(会場は早稲田大学そばの早稲田奉仕園)。最近、どうも催し物には30分は遅刻するようになってしまい、今回もせっかくの八木忠英さんのお話を聞き逃しました。後半の講演は井坂洋子さんで、富岡多恵子のことや室生犀星のことなど、非常に興味深いお話を聞きました。その後の新年会は偉い詩人の方たちばかりで少々気後れしましたが、久しぶりにお会いした市川つたさんとお話ができてよかったです。(市川つたさんは、日本現代詩人会入会の時にお世話になった方です。)


【プログラム】

<ゼミナール>
   会場:早稲田奉仕園キリスト教会館
   進行:石川厚志、須永紀子
開会のことば  財部鳥子(会長)
講演者紹介   岡島弘子
講演       八木忠英「田村隆一という詩人」
詩朗読      坂田瑩子、甲田四郎、上手宰、相沢正一郎
           ――(休憩)――
講演者紹介   岡島弘子
講演        井坂洋子「詩を書く必要性」
詩朗読       野木京子、尾瀬川正明、三田洋、佐川亜紀
閉会のことば  杉本真維子

<新年会>
   会場:早稲田奉仕園リバティホール
開会のことば  北畑光男(理事長)
祝辞、乾杯、遠隔地・新入会員紹介
閉会のことば  金井雄二(副理事長)

(敬称略)
[PR]

by hannah5 | 2014-01-19 19:40 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む X 「日本の訳... 詩と思想新年会 >>