日本の詩を読む X 「日本の訳詩集を読む その8」   


1月20日(月)は「日本の訳詩集を読む」の最終講義でした。今回はランボーの詩 le Bateau ivre のさまざまな日本語訳、日本におけるランボー受容史、intertexualité(相互テクスト性、間テクスト性、テクスト間交流)について、ランボーの失われた作品(実際に書いたが残っていない作品)などを中心に講義が進められました。ランボーの le Bateau ivre は多くの人が訳を試みており、比較してみると実に面白い発見があります。ちなみに題名だけ挙げると「酩酊船」(小林秀雄)、「酔ひどれ船」(中原中也)、「酔っぱらひの舟」(金子光晴)、「酔いどれ船」(粟津則雄)、「酔い痴れた船」(平井啓之)、「酔いどれボート」(鈴村和成)という具合で、訳された題名によってその印象はかなり違ってきます。そして最後に、ランボーの「谷間に眠る男」とそのパロデイとして野村さんが書かれた「一九九四年一月十七日」と、ランボーと中原中也の詩のレミニセンスとして野村さんが書かれた「第八番(あるいは波)」を読みました。

「日本の訳詩集を読む」として始まった今回の講義は思わぬ発見があり、また野村さん自身がどのように詩を書かれるのか詩作の現場についても垣間見ることができ、かなり有意義な講義だったと思います。現代詩の最前線を行かれる野村さんの詩は単に言葉だけの遊びに終始せず、豊富な読書量と蓄積した知識によって緻密に構築されたもので、それは建築家が詳細な設計図をもとに美しい建築物を造りあげる作業に似ています。

受講者は年配の人も多く、詩は書かなくても文学への造詣が深い人、哲学書をかなり読んでいる人、教師、銀行員、かつての舞踏家等々、人生経験の浅い若い人たちの合評会とは一味もふた味も違うこの講座はかなり面白くかつ得るものがありました。

次の講義は5月に行われる予定です。講義は金子光晴について行われます。


***********



谷間に眠る男

      A.ランボー

ここ、緑に蔽われた窪地では、銀のつづれを
狂おしく草の葉に引っかけながら流れは歌い、
誇らかに聳え立つ山のうえから陽は
輝く。光に泡立つ小さな谷間だ。

若い兵士が、口を開け、帽子もかぶらず、
みずみずしい青いたがらしに項を浸して
眠っている。草に埋れ、雪のしたで、雨のように
光が注ぐ緑のベッドで、色蒼ざめて横になってる。

足をあやめの茂みに入れて眠っている。ほほえむ
病気の子供のように、ほほえみながらひと眠りだ。
自然よああたかくゆすってやれ、寒そうだ

かぐわしい香りも彼の鼻の穴をふるえさせぬ。
陽の光を浴びたまま、動かぬ胸に手をのせて
眠っている。その右の脇腹には、赤い二つの穴。

                (粟津則雄訳)


一九九四年一月十七日

        野村喜和夫

そこ、緑に蔽われた窪地、
どこがどう狂っているのか、冬だというのに、
そこ、緑に蔽われた窪地、
笹や羊歯の茂みにまぎれて、
そこだけ都市のように、
古いトランクが捨てられている、
なかに人形のようなものが見える、
ズームインしてゆけ、ズームインしてゆけ、

人形ではなかった、
さながら、
断ち切られた自身の物語のゆくえに向かって、
眼は見開かれている、冬だというのに、
ノースリーブのワンピース一枚という軽装で
トランクに詰め込まれ、眼は
見開かれている、

人形ではなかった、小泉
今日子の肢体、
死体、

なにか事件にでも巻き込まれたのだろうか、
トランクの内側には、
彼女が愛用していたとおぼしい日用品がびっしり
張りつけられている、時計、
トゥシューズ、ぬいぐるみ、
まるで親しい何者かが
葬装品として飾りたてたみたいな、
写真、ほぐれた磁気テープ、押し花、
そして肢体、
小泉今日子の死体、

その青ざめた肌は笹や羊歯の茂みにつづいている、
笹や羊歯の茂みは窪地をなし、
窪地は樹海につづいている、冬だというのに、
そこ、緑に蔽われた窪地、
どこがどう狂っているのか、
そこだけ都市のように、小泉
今日子の死体、
肢体、

「こんなに幸せな気分で殺してくれた犯人を
早く捜してください」とは、
彼女からのメッセージ、眼は
見開かれている、そこだけ都市のように、
揺すってやれ、揺すってやれ、
覗く多数多様なひとよ、
彼女はまだ、断ち切られた物語のゆくえが曳く
彗星の尾のような光と交わって、
べつの結末の胚を孕もうとしているのだ、
その光に乗り移れ、
覗く多数多様なひとよ、――
[PR]

by hannah5 | 2014-01-22 18:20 | 詩のイベント | Comments(0)

<< お知らせ2つ 日本現代詩人会ゼミナールと新年会 >>