茨木のり子展~記念コンサート「茨木のり子を弾き語る<りゅうりぇんれんの物語>」   


4月19日から今月29日まで、世田谷文学館で茨城のり子展が開かれている。その関連企画がいくつか行われているが、昨日はシンガーソングライターの沢知恵さんの弾き語りで、茨木のり子の「りゅうりぇんれんの物語」の全曲演奏会があった。茨木のり子のこの詩は、しばらく前に読んで心にどしんと残り、詩織でも少し書いたことがあるが、それをどんなふうに弾き語るのが楽しみにしていた。と言っても、この関連企画はどうやら申込者が多く、抽選に当たった人だけ参加できるものらしく、もうひとつの谷川俊太郎と小池昌代の記念対談にははずれてしまったのでこちらのコンサートに行けるかどうかちょっと心配だった。幸い抽選に当たり、演奏会を心待ちにしていた。

沢知恵さん自身、茨木のり子がお好きらしい。そのせいか、全編ドラマのような盛り上がりで、りゅうりぇんれんが14年間も逃げ回って穴の中で暮らした様子がありありと伝わってきて、詩を読むのとはまた違う感動があった。どこか脆弱な現代詩と比べたらなんと力強くて胸にこたえるのだろう。中国の農民たちを騙して日本に強制連行し、ろくな食べ物も与えずに石炭堀の重労働につかせた功罪は、ナチのユダヤ人迫害にも匹敵する。幸い、りゅうりぇんれんは14年後に発見され、無事中国に帰ることができたが、多くの中国人たちは死んでいった。連行された中国人は十万人といい、抵抗する者は殺された。朝鮮からは66万余人が連行されたという。(『りゅうりぇんれんの物語』注解より)

小さい内向きの詩ではなく、外に、宇宙に向かって開くような詩が書きたい-最近、詩作の方向性を探っていて、このコンサートは縮こまった背筋を伸ばしてくれるような思いがした。夕べはずっとコンサートの余韻に浸っていた。

b0000924_175996.jpg
発見された直後のりゅうりぇんれん(北海道タイムス)
『りゅうりぇんれんの物語』よりコピー)



私の好きな詩・言葉(68) 「りゅうりぇんれんの物語」(茨木のり子)
[PR]

by hannah5 | 2014-06-22 17:55 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む XI 「金子光... 喜和堂2号 >>