私の好きな詩・言葉(158)~ せんのえほん   


b0000924_20261336.jpg

あれはどこだったかな。
たしかに知っていたはずなんだけど、記憶のすみの方に置き去りにされたままになっていて、
ふだん思い出すこともないのに、何かの拍子に、
あ、これいつかのあれ、知ってる、って風がさっと通り過ぎるみたいに思うあれ。
cocaさんの線画にはそんな感じがあって、初めてなのに初めてじゃないみたいな出会いでした。
cocaさん

そして、その絵に添えられたりりさんのことばは、今まで見たりりさんのことばの中で一番自由で、
詩の真髄みたいなことばが並べられていて、
私の心の中でことばがふつ、ふつ、ふつ、と沸き立ってくるようでした。
りりさん

宝石箱のような本です。

b0000924_20264427.jpg


線の絵本
2014年6月1日初版発行
中村梨々さんとcocaさん
発行所 七月堂
[PR]

by hannah5 | 2014-07-07 20:27 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(0)

<< Uña Ramos 日本の詩を読む XI 「金子光... >>