詩と思想詩人集2014   


b0000924_16455251.jpg


もうすぐ詩と思想のアンソロジー『詩人集2014』が出ます。総勢443名の詩人たちによるアンソロジーです。私も「未満」という作品で参加させていただきました。あとがきの一色真理さんの言葉がいいです。

「国民から知る権利と表現の自由を奪う特定秘密保護法が国会を通過し、集団的自衛権を否定してきた従来の憲法解釈が国会審議も経ずに閣議決定で一八〇度転換されるなど、日本は立憲民主主義の仮面をかぶった独裁国家と言われてもおかしくない、とんでもない国へと突き進んでいる。それに対し、言葉の力で立ち向かおうとする詩人は、常にひとりである。詩はひとりの人間の最も深い場所から出てくる言葉であって、集団や党派とはなじまないものだからだ。だが、詩人はひとりであり、単独者であるからこそ、圧倒的な数の暴力を超える力を持っている。「ひとり」であるとは「一人」であることとは違う。詩人とは、一とか多という尺度とは全く別の、一であることが世界全体と拮抗する言葉を語る者であるからだ。」(「編集を終えて」より)

編者  「詩と思想」編集委員会
発行所 土曜美術社出版販売
発行  2014年8月31日
定価  5,000円+税
[PR]

by hannah5 | 2014-08-04 16:46 | 投稿・同人誌など | Comments(0)

<< 私の好きな詩・言葉(160) 岩切正一郎さん朗読会~天童大人... >>