私の好きな詩・言葉(33) 「子は親の鏡」   

近年、大人による子どもの虐待が増加しており、子どもにとってかつでないほどの受難の時代です。巷には物や情報が溢れ、一昔前より生活はずっと便利になったはずなのに、人間関係は冷たくなり、精神的に荒廃してきています。親にとっても、子どもにとっても、難しい時代を迎えつつあります。困難な時代の子育ては親にとって大きな課題です。

子どもには大人にはない創造力と柔軟な心があります。大人と違い、優しくしてくれる人や愛情を注いでくれる人には素直に心を開きます。私がかつて働いていた幼稚園には3歳から5歳の子供達が通園していましたが、どの子どもも個性豊かで生き生きとしており、私はたくさんの事を子供達から学びました。

「子は親の鏡」には子育てにおけるシンプルで明確なポリシーが書かれています。すべてこの通りにはならないかもしれません。けれど、子育てにおいて子どもの可能性を引き出すための指針として役に立つだろうと思います。また、子育てのみに限らず、私達の人間関係においても充分応用することのできる言葉です。作者のドロシー・ロー・ノルトは「はじめに」でこう記しています。「子どもは、いつも親の姿を見ています。ああしなさい、こうしなさいという親の躾の言葉よりも、親のありのままの姿のほうを、子どもはよく覚えています。親は、子どもにとって、人生で最初に出会う、最も影響力のある『手本』なのです。子どもは、毎日の生活のなかでの親の姿や生き方から、よいことも悪いこともすべて吸収してしまいます。(略)親がどんなふうに喜怒哀楽を表すか、どんなふうに人と接しているか、その親の姿が、手本として、子どもに生涯影響力を持ち続けることになるのです。」(ライフログに『子どもが育つ魔法の言葉』をあげておきました。)


子は親の鏡


けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる


(ドロシー・ロー・ノルト/レイチャル・ハリス著『子どもが育つ魔法の言葉』より)
[PR]

by hannah5 | 2005-03-22 09:02 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(25)

Commented by shou20031 at 2005-03-22 09:21
お早うございます。子供って本当に詩の通りだな~って思います。鏡を見ているようで怖くてしかたないことやため息のでることがありますね。
詩織さんの人生に取り組まれる姿勢がうかがえます。
Commented by BlueInTheFace at 2005-03-22 12:04
一方で凶悪な少年犯罪が横行している今の世の中に、「子は親の鏡」の言葉はずしりと響きます。
「子どもは、この世はいいところだと思えるようになる」
まず、僕たち大人がそう思えるようにならなくては・・・ね。
Commented at 2005-03-22 18:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-03-22 20:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bucmacoto at 2005-03-22 21:53
子供は複写物 (親の写し絵)
親は原本 (子の元絵)
 私のこの考えを延長すると
ご先祖様は大原本 > ずーっと昔はサル同様 > 遥か昔は一粒の細胞
一粒の細胞が 他の細胞と 交互に,
 分かち合い はんぶんこし合い
 少しずつ原本を超えてきた。
原本を間違いなく写し取りながら 原本の間違いを正してゆく = 進化論
* 「正しい」 = 外的環境と内的環境とが整合している状態を指す

予想外な育ちをする例は 決して例外と言えるほどには少なくない気がします。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 00:20
*翔さん、知らず知らずのうちに、子どもって親の影響を受けますね。
親ははんこみたいです。
まるでぺったんとはんを押したみたいに、親の痕跡が子どもに残りますね。
私自身を振り返ってみても、いやだいやだと思っていたのに、いつのまにか
親の影響がすっかり染み込んでます。
今ではそれがありがたいのですが。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 00:24
*BlueInTheFaceさん、この詩、心に響きますよね。
今の日本でこれだけはっきり確信をもって親をしている人は少ないかもしれませんね。
教育現場でも、これだけの言葉はなかなか出てこないのではないでしょうか。
子どもをもつと親は成長すると言いますが、確かにそうだろうと思います。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 00:32
*鍵さん(03-22 18:25)
ようこそ^^
こちらに書き込んでくださったのは初めてですね。
嬉しく思います。
で、本題ですが、下の3行はまったくそのとおりだと思いますよ。
結局、いくら取り繕っても、やっぱり見透かされてしまいますね。
正直にしているのが一番いいと思います。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 00:33
*鍵さん(03-22 20:01)
あらら、どうして非公開なの?
あとで、そちらへ行きますね。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 00:43
*まことさん、子どもは本当に親を超えてきたのでしょうか。
後退しているのではないかと、時々思います。
予想外な育ち方は環境によるところが大きいのではないでしょうか。
親がどんなに頑張っても、最近の環境はどんどん悪くなっているように思います。
これほど子育てがむずかしい時代もないのではないでしょうか。
Commented by bucmacoto at 2005-03-23 01:18
超えてきたのか / 届いていないのか どちらなのでしょう?
そういう意味でしょうか? > 子どもは本当に親を超えてきたのでしょうか。

私が宗教嫌いであるのは この点(次の点)にもあるのです。
 多くの神話のベースにある「昔は良かった」時代感
 金の時代 → 銀の時代 → 堂の時代 → 鉄の時代
そういう 「過去に栄光の時が 確実にあって 現世(現代)は 乱れている」
という パラダイムが 先に(規定路線として) あるように感じられる点。

 つづく(文字数オーバーにて分割)
Commented by bucmacoto at 2005-03-23 01:18
より望ましい未来。 これを具体的にイメージする為に(共有するために)
モデルとなる事例を過去に求める。 < これはあってよい
 モデルとしての地位を確かにするために 美化する < これは個人的な感傷に留めるのが望ましい(提供は可。 共有には注意。 強制は不可)

話を戻しますと,
退化したのか進化したのか < これは 歴史となって初めて明らかとなる
速い変化であるとは思います。
 ことさらに変化速度が加速しているといえるのかは不明です。
子育てに選択肢がない(選びようがない) のは 不幸です。
選択肢と情報が氾濫気味で 立ちすくむのも不幸です。
自分の頭で考えて決断する勇気を失い 他者のサジェスチョン頼りと言うのも 不安です。

どんな時代でも 安心して迷わないで子育てしたヒトは いないのでは?
我が子に対しての態度では 堂々と毅然とはしていたでしょうが...
 ↑ 子供は親(果てはご先祖)を その堂々としたシルエットが 「親そのもの」 だと思い込むようですが ・・・ そんなものではない
(どの親も 迷いながら不安になりながら 子育てしているのだと思いますよ)
Commented by hannah5 at 2005-03-23 01:38
*まことさん、
>多くの神話のベースにある「昔は良かった」時代感
そうなんですか?
でも、この感覚は宗教とは関係ないと思います。
無宗教の人でもこういう感覚をもつ人はいると思いますよ。
私が感じたことは宗教とはまったく関係ありません。
なぜなら、同じクリスチャンでも、時代は少しづつよくなっていると思っている人もけっこういますから。
退化しているかもしれない云々はそれほど大真面目に考えることでもないんです。
軽い気持ちで、後退してるかもしれないなあと漠然と思うわけです。

>どんな時代でも 安心して迷わないで子育てしたヒトは いないのでは?
そうなんですか?
具体的にいうと?
Commented by al17 at 2005-03-23 09:16
久々にやってきました。「子供が育つ魔法の言葉」私もライフログに入れていますが、今9ヶ月になる孫(北米に在住)が産まれて直ぐに、娘にプレゼント下一冊で、とても感動しました。皇太子様も感銘を受けられた一冊ですよね。又来ます。
Commented by りんご at 2005-03-23 12:59 x
私もこの詩は好きですよ(^^)

子供が生まれてきて「子を持って知る子の恩」(有島武朗)を実感しました。親の子に対する愛は「無償」でなくてはならない。でも実際はそうでない私です。でも子供の私に対する愛は「無償の愛」です。だからこそ主は「誰でも幼子のようでなくては天の国に入れない」とおっしゃった。子供を持つことで、この意味が心に沁みて分かります。これもまた「子の恩」ですね。
Commented by りんご at 2005-03-23 13:13 x
>まことさん

>どんな時代でも 安心して迷わないで子育てしたヒトは いないのでは?

私も同感です。子供は親を「ゆすぶる存在」だと思います。
子供に「ゆすぶられる」ことがない親は本当の意味で子育てをしていないのではないか、とすら思います。
子供は親を育てます。いろんな不安、心配、喜び、さまざまなものを子供から与えられながら親は育っていくのだと。。。日々そう思いながら「子育ち」のかたわら、「育自」をしています。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 16:02
*al17さん、おひさしぶりです。
皇太子様も読まれましたね^^
簡潔でなかなかいい言葉です。
また来てください。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 16:04
*りんごさん、子どもっていろいろ教えてくれますね。
まさに「子は親の鏡」です。
Commented by bucmacoto at 2005-03-23 18:29
「昔は良かった」 感覚は 素朴な範囲ならば あった方がいいと思います。
 人生に迷ったとき 袋小路で悩んだとき 出口のない地獄にあえぐとき
 そのような時に、自分の基点を確かめるリファレンス点として働きます。
「昔はどうだったか」 と 「みんな(普通)はどうなのか」
この二つを出発点としてヒトは価値判断を成長させるように感じています。

これを構造的に 組織的に 教えてゆき、普遍な物語として教え込む立場には 私は敵対的なのです > だから宗教を引き合いに出しました。

迷いながらも 毅然とした子育てってのは 見たし 聞いたし 試しました。
毅然さに拘りすぎて 本末転倒(子供無視な)子育てってのもあった。

母は里子を経験して成長したこともあり スポック博士の育児書とかを
読みながら 私たち兄弟を育てていました。
それを見ての感想が これ
> どの親も 迷いながら不安になりながら 子育てしている
Commented by bucmacoto at 2005-03-23 21:07
なんだか 長くなってきたので 子供に託する気持ちの一部を 書き留めました。
TB させていただきましたが・・・・ 不似合いだったかもしれません。
Commented at 2005-03-23 21:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 23:31
*まことさん、なるほど、まことさんのコメントは実体験に基づいたもので、
頭デッカチではなさそうですね。
TB,ありがとうございます。
あとで、そちらに伺いますね。
Commented by hannah5 at 2005-03-23 23:46
*鍵さん、私、思うんですが、鍵さんのおっしゃっていることと、
私が言っていることは紙一重じゃないかという気がします。
鍵さんの論理は人類学的ですね。
日本のキリスト教界は非常に遅れていて、とかく杓子定規ですが、
アメリカなどでは人類学的、化学的、社会学的等々、キリスト教へのアプローチもさまざまです。
あと、一概に「宗教」といっても、それぞれの宗教は互いにまったく異なる倫理観や教義をもっています。
それと、その宗教の経典や聖書などをひもとかなければ、
その宗教が本当に言わんとしていることが伝わらないでしょう?
外側を見て判断するのは性急だと思いますよ。
Commented at 2005-03-23 23:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2005-03-24 00:26
*鍵さん、は~い^^

<< 干物の日 無題 >>