私の好きな詩・言葉(35) 「結婚指輪(がくあじさい)」   

自由な心とは何だろう。健康な体が与えられていて、安定した収入があり、仕事に満足しており、愛する家族がいれば自由な心がもてるのだろうか。どんなに体が健康であり、安定した収入があっても、不満や不平があったり、いつも人をうらやみ嫉妬していれば、自由な心とは言えない。

人並みの健康な体を奪われた星野富弘さんは、不自由な体にも関わらず、心はいたって健康で自由だ。星野さんの詩を読んでいると、私にはどこへでも好きなときに好きなように行ける健康な体が与えられているのに、いかに不平や不満が多いかを思い知らされる。

星野富弘さんの詩と絵に感動し、新しい詩と絵ができるたびにそれを自分の机に貼り付けていた女性がいる。その女性はやがて星野さんの妻となる。「結婚指輪」に描かれた透きとおるような純愛。詩を読むたびに心が洗われる思いがした。(『四季抄 風の旅』)


結婚指輪(がくあじさい)


結婚指輪はいらないといった
朝 顔を洗うとき
私の顔をきずつけないように
体を持ち上げるとき
私が痛くないように
結婚指輪はいらないといった

今 レースのカーテンをつきぬけてくる
朝陽の中で
私の許に来たあなたが
洗面器から冷たい水をすくっている
その十本の指先から
金よりも 銀よりも
美しい雫が落ちている



(『四季抄 風の旅』より)





さくら


b0000924_19265074.jpg
車椅子を押してもらって
桜の木の下まで行く
友人が枝を曲げると
私は 満開の花の中に
埋ってしまった
湧き上がってくる感動を
おさえることができず
私は
口の周りに咲いていた桜の花を
むしゃむしゃ食べてしまった








星野富弘(1946-)

1946  群馬県勢多郡東村に生まれる

1970  群馬大学卒業
      中学の体育教師になるが、クラブ活動の指導中、頸髄を損傷、手足の自由を失う

1972  群馬大学病院入院中、口に筆をくわえて文や絵を描き始める

1974  キリスト教の洗礼を受ける

1979  入院中、前橋で最初の作品展を開く
      退院

1981  結婚
      雑誌や新聞に詩画作品や、エッセイを連載

1982  高崎で「花の詩画展」を開く
      以後、全国各地で開かれた「花の詩画展」は、大きな感動を呼び、現在も続いている

1991  群馬県勢多郡東村に村立富弘美術館開館

      村立富弘美術館: 群馬県喜多郡東村草木86
                  TEL 0277-95-6333  FAX 0277-95-6100

2004  富弘美術館の入館者470万人を超える
[PR]

by hannah5 | 2005-04-03 19:26 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(8)

Commented by asdtm at 2005-04-03 20:20
なるほどね~。考えさせられますね。
自由な心か・・・。毎日、徳を積む生き方のうえに成り立つかな。
無理かな。難しいね。
Commented by bucmacoto at 2005-04-03 21:32
最高の幸福も いつしか当たり前のものに 思ってしまいがちですものね。
 当たり前であることの 在り難さ。
 命を脅かさない程度の原因に向けた不満。
飾ることで人を傷つけるのなら,証明の飾りすらいらないという指は、
透明な きれいな ぬくもりで、 こころすらも洗ってくれるようです。
Commented by hannah5 at 2005-04-03 22:21
*asdtmさん、残念ながら人間は全部与えられているときは、
なかなか自由な心になることができない動物のようです。
体の自由を奪われて初めて、それまでの不自由さから解放されることが多いようですね。
Commented by hannah5 at 2005-04-03 22:22
*まことさん、本当にそうですね。
この詩は星野富弘さんの心もすばらしいけれど、
何にもまして、奥様になられた方の心もとてもすばらしいと思いました。
Commented by lukes77 at 2005-04-04 00:39
星野富弘さんの詩は母親から教えてもらって以来大好きですっ。星好きだからではありませんが(笑)
二人とも輝いてますよね。内側から溢れる愛。そこには何もいらないんですねっ。ラブラブ☆
Commented by hannah5 at 2005-04-04 13:44
* lukes77さん、星野富弘さんはいい詩を書かれますよね。
絵もすばらしいですね。口で描かれたとわかるととよけい感じるものがありますね。
「結婚指輪」は、星野富弘さんの経緯を知ってじいんとしました。
Commented by choromatu at 2005-04-04 15:57
落ち着いたら、訪れてみます。
こちらの本屋さんでは、星野さんの作品が溢れてて
ポストカードを買って来ようと思って忘れてしまいましたがw
お互いに輝く存在でありたいなと、この詩を読んで改めて感じました。
おしえてくれてありがとう^^
Commented by hannah5 at 2005-04-05 00:24
*ちょろまつさん、お近くなんですね。
耀く存在。。。なかなか難しいですね。
星野さんのように苦しみを抜け出て、
耀いていることを意識しなくなった時、
本当に耀き始めるのかもしれませんね。
そこへ行くまではそれなりに試練もあるのではないかと思いますが。。

<< 友に 宴 >>