私の好きな詩・言葉(6) 「落下」   

6回目はbetoriumさんの詩を紹介させていただきます。

betoriumさんさんの詩には、硬質で透明な鋼材が切断されたり溶接されたりしながら組み立てられ、その組み立てられた物体の隙間からbetoriumさんの想いが光となって洩れてくる感じがあります。どの詩も好きな詩ばかりですが、中でも「落下」は短い言葉で人間社会の本質を描いており、betoriumさんの才能を感じさせる詩です。(betorium


落下

光だって落っこちる
だからはじめに落下あり
落下しながら振り回されて
そこで生まれる遠心力のおかげで
この世はなんとかバランスを保っているらしい
つまり
僕達は落下しているのだが
あれとかこれとかあいつとかこいつとかに
振り回されているおかげで
存在することができる
というわけ
らしい
[PR]

by hannah5 | 2004-09-13 10:00 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(2)

Commented by betorium at 2004-09-14 01:22
はんなさん、
このようなかたちで紹介していただき光栄です。ありがとうございました。この詩で大丈夫なのかなあ、などと少し心配なのですが、、、

これからもよろしくおねがいします。
Commented by hannah5 at 2004-09-14 03:15
*betoriumさん、こちらこそありがとうございます。
betoriumさんの詩をきちんとご紹介できるほど私はできているのだろうかと何度か思いました。
betoriumさんの詩、これからも楽しみにしていますね。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

<< 親友 かしこまりて候 >>