私の好きな詩・言葉(36) 「グレープフルーツ」   

単独で暮らしている時は考え方やライフスタイルに共鳴できていたのに、恋愛関係になった途端に微妙な気持ちの違いに戸惑うことがありますね。一般的に女性は細かい所でくよくよ思い悩むものですが、男性から見ると、これが意外だったり理解不可能だったりします。女性にとっての大問題は男性にとっての不可解ということでしょうか。またそんな男性の不可解さが女性にとっては不可解だったり、時には不安の材料だったりします。

お互いの気持ちを密接にしたいと思えば思うほど密接にできなくて、そのずれに不安がつきまといます。かっこよく恋愛したいと思っても、結果はなぜか間が抜けてしまう。そのことを見事に描いたのがうめぞうさんの「グレープフルーツ」です。彼女の言動を可愛いと思いながらも、やれやれという彼の溜め息が聞こえてきそうですね。(Rental Heart Cafe B-side


グレープフルーツ

料理本とにらめっこしてる彼女
キッチンから追い出された僕は
ベランダのハーブを収穫したりして

青々としたバジルを差し出すと
「ご苦労さま」とおどける彼女
そして今度はグレープフルーツと格闘を始める

「何ができあがるの?」と訊くと
「内緒」と彼女
本のページには鶏肉の写真

またまた退散した僕が
リビングで落ち着かないでいると
今度は彼女が訊ねる

「恋してる?」「もちろんしてるよ」
「私が大切?」「もちろん大切だよ」
「どうして?」「どうしてって‥‥わかんないよ」

ちょっと不満そうな彼女が
ワインのボトルとグラスを抱えてきて
僕の隣りにちょこんとすわる

「ごはんどっか食べに行こうか」と彼女
「どうして?怒ったの?」
「フルーツソースは私向きじゃないみたい」と微笑む

ストッキングに足を通す彼女にさりげなく訊いてみる
「不安なの?」「もちろん不安よ」
「どうして?」「どうしてって‥‥わからないわ」

「さて、なに食べたいの?」
僕の腕にしがみつく彼女に訊ねると
「あなたはお魚がたべたいんでしょ」

彼女は僕にとても敏感なのに
僕は彼女にいつも鈍感なんだ
僕には予想のつかないことばかりで‥‥

彼女と僕が少しだけずれている
[PR]

by hannah5 | 2005-04-11 16:14 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(14)

Commented by shou20031 at 2005-04-11 17:23
こんにちは。なんとなくホットできる詩ですね。他に何もいらない感じが好きです。
Commented by うめぞう at 2005-04-11 17:36 x
こんにちわ。うめぞうです。
素敵なイベントにお招きいただき、ありがとうございます。
ちょっと照れちゃいますね‥‥。
Commented by 理彩也 at 2005-04-11 21:00 x
ほのぼの・・まったり~ で メチャいいなぁぁああああ
Risaのところは逆かも知れない^^;
Risaはマイペース!!!
相手はいつも気を遣って合わせてくれるけれど
いつか・・爆発したら怖い^^;
チョットは気を遣う優しさを身につけなくちゃー
って、手遅れだったりして。。。 (・・,)グスン (笑)
あ、ちなみに土、日は一緒でした♪(^^)v

Commented by tomus70 at 2005-04-11 23:19
そう、ずれたまま歳とっていく。
それが許せるときと
それが許せなくなるときがあって
そこが人生の醍醐味……
Commented by hannah5 at 2005-04-11 23:41
*翔さん、理想を押し付けてないところがいいですね。
ずれたり、弱かったり、合わなかったりしない部分を理想を加えずに表現するのが
うめぞうさんの詩の良さだろうと思います。
Commented by hannah5 at 2005-04-11 23:43
*うめぞうさん、ようこそ。
こちらこそ、素敵な詩をありがとうございます。
Commented by hannah5 at 2005-04-11 23:46
*りさちゃん、彼と一緒だったなんて、いいな、いいな♪
りさちゃんところは幸せですね^^
Commented by hannah5 at 2005-04-12 00:01
*まーくさん、なるほど、そうですか。。。
私の親友の両親もボタンを掛け違えたまま、ずっと暮らしてましたね。
父親の方はもう他界しましたが、
結婚したときからボタンを掛け違えていたようです。
醍醐味でもあり、哀しさでもありますね。
Commented by lukes77 at 2005-04-12 00:05
かわいくってほほえましい詩ですね。
少しだけずれているだなんて、かわいい!!
でもそれが積り積もって・・あ~っっ!それ以上は想像しません。
しかし、この状態をかわいい、と思えるようになった自分にちょっと年を感じてしまいました。。シュン・・
Commented by BlueInTheFace at 2005-04-12 01:19
僕はこれを読んで、イギリスのR・D・レインという人の詩を思い起こしました。とてもいい詩ですね!
Commented by hannah5 at 2005-04-12 10:16
*lukes77さん、ははは^^
年だなんて。。。w
まだまだこれからでしょ! (ニッ^^)
Commented by hannah5 at 2005-04-12 10:29
*ミツさん、レインの詩、知らないです^^;
どんな詩ですか?
うめぞうさんの詩は、身近に感じられていいですよね^^
Commented by BlueInTheFace at 2005-04-17 22:39
レインは精神医学の学者さんで、分裂病研究の傍らで詩集を発表したりしてました。もう亡くなっているはずです。
この人の詩は少し難解・・・というよりは、言葉遊びが巧みな人で、僕は読んでて(「・・)ン?と言葉の迷路に嵌ってしまうこともありますが、慣れてくるととてもいい味だしてる詩なんですよ。ほのぼのとした対話形式の詩が多いです。彼の詩の魅力をうまく説明できるほど読んだわけではないので・・・(=´、`=)ゞスイマセン
「結ぼれ」「好き 好き 大好き」という代表作があります。もし興味があったら一読してみてください。
Commented by hannah5 at 2005-04-17 23:23
*ミツさん、ありがとうございます。
レインの詩、読んでみたいと思います。

<< 自由だぞぉ~~ おしゃべりなひととき >>