連続講座「大岡信の詩と真実」 2   


「大岡信の詩と真実」の2回目は野村喜和夫さんの講演でした。あらかじめ「大岡信における想像力と批評」と題したレジュメが配られ、大岡詩全体に対して分析と考察が試みられ、野村さんらしい詩論の展開がなされました。(これまで「伝統と現代」と「うたげと孤心(=全体と個)」という観点から大岡信の詩論を書いており、今回は「想像と批評」という観点から講演を行う趣旨の断わりが野村さんからありました。)大岡信は私が詩を書き始めた時から好きな詩人の1人でしたが、全部の詩を読んだわけではなく、これから少し読んでみようと思います。いつもの野村さんらしくかなり込み入った展開の講演でしたが、楽しんで聴かせていただきました。

b0000924_1046287.jpg
背広にネクタイ姿の野村さんは珍しいです

[PR]

by hannah5 | 2015-10-23 10:47 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 連続講座「大岡信の詩と真実」 3 大岡信展と連続講座「大岡信の詩... >>