連続講座「大岡信の詩と真実」 3   


b0000924_3493852.jpg
大岡信展図録


世田谷文学館で行われている「大岡信の詩と真実」の連続講座の3回目は、谷川俊太郎さんと三浦雅士さんの対談でした(10/24)。講座の参加者には、三浦さんが作成された大岡信・谷川俊太郎・対照略年表があらかじめ配られました。いつの頃からか二人はよく一緒に登場するような印象があったのですが、年表を見ると生年月日だけでなく詩を書き始めた年代も近く、また同じ時期に詩誌「櫂」に参加したり二人の対談集を出すなど詩人としての活動も共通している点が多くあります。それだけでなく、谷川さんは大岡さんに対し、他人には感じない情を感じていたり、最初のエッセイ集を大岡さんに見てもらうなど、もっとも深いところでつながっていたと語られていました。

三浦さんが独自の大岡論や谷川論を展開する中で、谷川さんはそれを受ける形で自身の生い立ちや恋愛の話、大岡さんとのことなど、終始穏やかに語られていたのが印象的でした。私事になりますが、現在参加している喜和堂では詩誌のために連詩が行われていますが、その大元は大岡信さんが始められたもので、大岡さんのしずおか連詩の会に野村喜和夫さんが参加されているなど、思わぬところで大岡さんとの繋がりがあることに不思議な縁を感じます。1時間半の対談は密度の濃い内容で進められ、改めて大岡信という詩人の業績の大きさを感じさせられました。
[PR]

by hannah5 | 2015-10-28 17:49 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 連続講座「大岡信の詩と真実」 4 連続講座「大岡信の詩と真実」 2 >>