日本の詩を読む IX ~ 詩的アヴァンギャルドの100年(第6回)   


「詩的アヴァンギャルドの100年」の6回目は「シニフィアンの閾」と題し、北園克衛と新國誠一を中心に講義が行われました(2/22)。モダニズムに影響を受けた西脇順三郎はやがて荒地派、北園克衛のコンクリートポエトリー、瀧口修造のシュルレアリスムへとその影響力を広げてゆきました。北園克衛のコンクリートポエトリーは海外で高い評価を受けましたが、日本では異端と見られ、大きな文学的流れにはなりませんでした。北園克衛はやがてコンクリートポエトリーからプラスチックポエトリーへと移行していきました。(北園克衛が発行した機関誌 『VOU』 は反抒情、反文学を掲げ、白石かずこが参加しています。)コンクリートポエトリーを代表するもう一人の詩人、新國誠一の作品も日本より海外で評価されました。新國誠一もやがてコンクリートポエトリーを離れ、「空間」へと移行していきました。コンクリートポエトリーは面白いと思い、一時私も試みたことがありますが、あまり長続きはしませんでした。教室では北園克衛の「記号説」、「黒い肖像」、新國誠一の「空隙」、「さくらとらくだ」、野村さんの評論「シニフィアンという閾-新國誠一と那珂太郎」(2009年2月号の現代詩手帖に掲載)を読みました。


黒い肖像

   北園克衛

絶望

火酒





あるひは



のなか











距離

孤独




に濡れ

梯子


に腐っていく

その



脆い
円錐

孤独

部分




,
[PR]

by hannah5 | 2016-02-29 17:34 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 日本の詩を読む IX ~ 詩的... 日本の詩を読む IX ~ 詩的... >>