日本の詩を読む X ~ 四季派の時代(第1回)   


先週月曜日の18日から、野村喜和夫さんが講義される「日本の詩を読む」シリーズの10回目が始まりました。今回は四季派の詩人たちを中心に、全部で7回の講義です。私自身は一時立原道造に心酔していたこともあり、四季派という名前は知っていたのですが、それが具体的にどういうものかはほとんど知りませんでした。今回の講義では四季派の成立や背景、雑誌「四季」に関わった詩人たちなど、広範な視点から四季派を見ていきます。

第1回目の講義は堀辰夫が「四季」という小説やエッセイ、詩などの総合季刊誌を創刊したことや、その後、丸山薫、三好達治らによって受け継がれ、詩の雑誌になったことなど、「四季」の成立を中心に講義が進められました。


【講義予定】
1.4/18  「四季」の成立
2.5/16  三好達治(『測量船』)
3.5/30  三好達治(『測量船』以後)
4.6/13  丸山薫/その他の四季派の詩人たち
5.6/20  立原道造
6.6/27  「コギト」と伊藤静夫
7.7/11  詩と戦争
(教室はいつもの淑徳大学池袋サテライトキャンパスです。)



.
[PR]

by hannah5 | 2016-04-25 20:52 | 詩のイベント | Comments(0)

<< Priceless vol. 3 日本詩人クラブ新人賞 >>