現代詩研究会シンポジウム   


10月15日(土)、詩と思想編集委員会主催による現代詩研究会のシンポジウムがありました(於早稲田奉仕園スコットホール)。シンポジウムは詩と思想の初代編集長から現在の編集長に至る4名の方がパネラーとして登場し、詩と思想における戦後詩から現代詩への継承と発展など、編集長としてかかわった時の体験や苦労、発見、自分が始めた特集やもっとも強く印象に残った出来事等が語られ、かなり内容の濃いシンポジウムでした。

詩と思想はとかく現代詩手帖を対抗馬のように意識することが多いのですが、どのパネラーの方からも伺えたのは、詩と思想に対する思い入れと深い愛着です。詩と思想は優れた詩人を数多く輩出している出版社であり、現代詩手帖とは一味もふた味も違う詩と思想にしか持ちえない視点や特色があり、そのことを大事にしていけばよいと私は常に思っています。


【現代詩研究会プログラム】
~「詩と思想」歴代編集長が語る「戦後詩の継承と発展」~

開会の言葉  中村不二夫

来賓挨拶    麻生直子、太田雅孝

シンポジウム
  パネラー:  高良留美子、葵生川玲、森田進一、一色真理
           中村不二夫(コーディネーター)

開会の言葉   高木祐子
(敬称略)

主催: 詩と思想編集委員会




.
[PR]

by hannah5 | 2016-10-22 21:16 | 詩のイベント | Comments(0)

<< 詩と思想 ノーベル文学賞 >>