私の好きな詩・言葉(39) 「ニーバーの祈り」 (The Serenity Prayer)   

シンガポールの友人からお土産にもらった小さな卓上用飾り板に英語で書いてあったのは、"The Serenity Prayer"(「冷静さの祈り」)でした。当時、祈りについて疑問を感じていた私はこの言葉に救われた思いがしました。変えることのできるものを変える勇気と変えられないことを受け入れる冷静さ(「心の静けさ」と訳しているものもあります)。両者の違いを識別することはなかなかむずかしいことですが、変わる状況においても変わらない状況においても、常に心に静けさをもち最善を模索しながら生きることが大切ではないかと思います。


The Serenity Prayer

God, grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
courage to change the things I can,
and wisdom to know the difference.

神よ
変えることのできるものについて
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを
識別する知恵を与えたまえ。


(ラインホールド・ニーバー "The Serenity Prayer"、大木英夫訳)

The Serenity Prayer
ニーバー



「ニーバーの祈り」は、アメリカの神学者であり牧師でもあったラインホールド・ニーバーが、1943年の夏、マサチューセッツ州西部の小さな教会で説教したときにした祈りの言葉だと言われています。しかし、この祈りの作者は18世紀の神学者フリードリッヒ・クリストーフ・エーディンガーだという説や14世紀の一兵士の祈りであったという説、古代アラビアから伝わってきた祈りだという説もあります。また、上の英文とは異なる祈りや、付加された祈りがあるものなどがあり、実際にはその作者はわかっていません。しかし、どのような文にせよ、神の知恵を知り、心の静けさと幸福を得る祈りとして、参考になると思います。


God, grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
courage to change the things I can,
and wisdom to know the difference.

Living one day at a time,
Enjoying one moment at a time,
Accepting hardships as the pathway to peace.

Taking, as He did, this sinful world as it is, not as I would have it.
Trusting that He will make all things right if I surrender to His Will.
That I may be reasonably happy in this life,
and supermely happy with Him forever in the next.

Amen

神よ
変えることのできるものについて
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを
識別する知恵を与えたまえ。

いっときに、一日だけを生き
いっときに、一瞬だけを喜ぶ。
苦しみも平和へ続く道として受け入れ
イエスの如く、この罪深い世界をあるがままに理解して後悔せず
主の意志に身をゆだねれば、すべてをあるべき姿にしてくれると信じて
そして、現世では適度の幸福を
来世では、主と共に至高の幸福を感じることができるように。

アーメン


もうひとつの英文

God, grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
courage to change the things I can,
and the wisdom to distinguish the one from the other.




ラインホールド・ニーバー(1892-1971)

アメリカの神学者。イェール大学神学博士。1928年にニューヨークのユニオン神学校の宗教哲学助教授になるまで、デトロイト市で牧師をしていた。フォード社の労働者の悲惨をみたことから、マルキシズムを学び、労働運動に参加した。1960年に定年退官するまでの30年間、キリスト教倫理学の教授をした。主な著書に『道徳的人間と非道徳的社会』(1932)、『キリスト教と権力政治』(1940)、『人間の本性と運命』(1941-1943)、『光の子と闇の子』(1946)などがある。
[PR]

by hannah5 | 2005-05-01 18:12 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(26)

Commented by 湖南 at 2005-05-01 18:47 x
こんばんは

変えることのできるものを変える勇気と変えられないことを受け入れる冷静さ>

どこかで読んだことがありますよ。
自分が、近く死ぬことが避けられないことを知った人は、まず怒り出す人が多いそうです。
死の問題でなくともむずかしいことはあります。
逃げ出さずに見つめるのが難しいのです。
Commented by satsuki at 2005-05-01 20:18 x
私も読んだことがあります。祈りの花束という本だったよう記憶しています。母の誕生日のプレゼントにした本でした。
hannahさんのそばにもいつも主がおられて見つめておられること、私はここへきてよく感じます。その姿に、私自身が励まされて、いつも力をいただいてます。ありがとうね。。。ほんとにいつも。。。
Commented by shou20031 at 2005-05-01 21:51
こんばんは。おお。これって美術館で価値感の多様性を学び他人との違いを語ると同じことですね。
感動したな~
Commented by bucmacoto at 2005-05-01 21:53
この祈りの文を初めて目にしたのは、(当時)日銀総裁 速水優氏が書いた
日経新聞のコラムによってでした。
苦悩の底で手繰り続け 強い手ごたえのあった文のひとつです。
 変えられないもの = 過去そのもの
 変えることのできるもの = 未来
これを明確にできました。 < こんな単純なことすら混濁してました(苦笑)

過去への解釈は 変えられるもの で
未来が来ることそのものは 変えられないもの と
Commented by hannah5 at 2005-05-01 23:52
*湖南さん、はじめまして。
逃げ出さないのは、行く先がないからとも言えなくないですか?
Commented by hannah5 at 2005-05-01 23:55
*サツキさん、それはいいプレゼントをしましたね。
こちらこそ、いつも書き込み、ありがとうね。
よく道を歩いていてもサツキさんのことを考えたりしています。
これからも大きくて深い神様がサツキさんのことを見守っていてくださいますように。
Commented by hannah5 at 2005-05-01 23:58
*翔さん、そういう解釈も成り立ちますね。
いつもいつもコメントありがとう♪
Commented by hannah5 at 2005-05-02 00:03
*まことさん、過去と未来の解釈、なるほど^^(感心)
過去への解釈を変えることによって、未来への解釈に多大な影響がありますね。
過去なくして未来はありえないし、未来なくして過去はありえない。
どちらも影響し合ってます。
Commented by bucmacoto at 2005-05-02 00:08
うーん・・・・
ここでこの表現には異義がありますね...
|未来なくして過去はありえない

未来なくとも過去はある。
けれど
未来によって 過去は意味を再確認できる。(より 深く意味を成す)

そう思うのです。
Commented by satsuki at 2005-05-02 03:10 x
ありがとう。
道歩いてても考えてくれてたりするんだ?ありがとう。
ぼくもhannahさんのこと想ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ありゃ?これじゃ、愛の告白ぽい?(笑)
ぼくもお祈りしてまっす!はい!
Commented by aoi_samurai at 2005-05-02 05:50
先日テレビを見て
「蟻を見なさい。蟻には領主も指導者もいないが
 ちゃんと食糧を確保しに外へ出ている」
そんな感じの言葉があり 労働の大切さを実感したものでした^^

そういえば・・・誰も答えてくれなかったのですが
マリア様を産んだのは 誰なんでしょうか・・・。
「ものみの塔」の人から答がいただけませんでした^^;
Commented by じゅん at 2005-05-02 13:31 x
僕も
この詩
いいなーと
思いました。
Commented by shou20031 at 2005-05-02 16:07
こんにちは。詩織さんは連休はどうされてるのですか?
今回の詩のイメージに合うものが上村松園しかなかったので使いました。
Commented by hannah5 at 2005-05-02 18:45
*まことさん、過去を形作るのも未来への想いがあるからだと思うのです。
もし、未来を思わなければ、また未来への希望を思わなければ、
過去において努力はしてこなかったのではないでしょうか。
未来は過去に影響を与えていると思いますよ。
Commented by hannah5 at 2005-05-02 18:47
*サツキさん、道歩いていても、サツキさんのこと祈ってたりします。
サツキさんだけじゃないんですけどね^^;
(まことさんのことや他の人たちのこともね^^)
Commented by hannah5 at 2005-05-02 18:50
*葵さん、残念ながらマリアさんを産んだ人のことはわかりません。
聖書には書いてないんですよね。
わかっているのは、たぶん16歳くらいであったこと、
名もない人だったこと、ヨセフという若い貧しい大工と婚約していたこと、
そして、イエス・キリストを生んだことだけです。
Commented by hannah5 at 2005-05-02 18:50
*じゅんさん、いいよね、この詩。
Commented by hannah5 at 2005-05-02 18:52
*翔さん、連休は教会関係の仕事でかなり忙しいです。
上村松園の絵に合った詩?^^
あとで読みに行きますね。
Commented by 寝太郎 at 2005-05-03 08:06 x
 これ、僕も好きです!!

 昔、教授に教えていただきました。ニーバーと言えば、社会問題にも真摯に立ち向かった方なので、とても説得力があります。
 
Commented by bucmacoto at 2005-05-03 09:58
はんな さん 
これ(未来 → 過去)は 承服不能です。
 (仏教説話や神話にもあるようで, この感覚自体は 理解はできます)

時は 未来への一方通行。
記憶は 過去への一方通行。

これは根底。 (私は)こう考えます。
Commented by 湖南 at 2005-05-03 10:07 x
hannah5さんへ
超人気記事になってしまいましたね。

逃げ出さないのは、行く先がないからとも言えなくないですか?>

行く先は、ありますよ。他人に当たったり、弱いものいじめをして気分発散する。自分に向かえば、自殺、発狂、うつ、テレビ。いくらでも行く先はあります。

そういう、その場のごまかしをしないで見つめるのが難しいんだと思います。
Commented by lukes77 at 2005-05-03 11:43
おはようございます!hannah5さん!
いつもhannah5さんが
紹介してくださる言葉は心に響き、大げさですがちょっぴり涙が・・。
うぅぅぅ(涙腺よわってるのか?(笑))
自分がいやで辛いことでも受け入れられる柔軟さ、今の私にはとてもかけています。
この祈りがとても必要なようですね(笑)
素敵な祈りを教えてくださってありがとうございます!
Commented by hannah5 at 2005-05-03 16:21
*寝太郎さん、おっしゃるとおり、ニーバーは社会問題に積極的に関わった人ですね。
そういうところから出てくる祈りには説得力があるのだろうと思います。
Commented by hannah5 at 2005-05-03 16:28
*まことさん、承服不能ですか?
ではこの点に関して、私とまことさんは平行線ということにしておきましょう。
Commented by hannah5 at 2005-05-03 16:30
* 湖南さん、はっ、ありがとうございます^^
あ、そういう意味での行き先ならありますね。
人間は弱いですからね、ごまかさないでその場を見つめられるほどの強さを
持っている人はあまりいないかもしれませんね。
Commented by hannah5 at 2005-05-03 16:42
*lukes77さん、コメントありがとう♪
そう言っていただけて、詩をご紹介している甲斐があるというものです。
1週間に1度、他の詩人さん達の詩をご紹介させていただくのは
私自身、とても勉強になるし、励みになります。
祈りは心を柔らかくしてくれますね。

<< 燃える 風薫る >>