私の好きな詩・言葉(41) 「ちいさく そっと」   

言葉の運びとリズムが綺麗で、丁寧に優しく舞い降りてくるような詩というのがyuumaさんの詩の印象でした。言葉が流れるように綴られていて、読んでいるとなめらかなクリームのようです。

yuumaさんはご自分の詩作について自己紹介の中で、詩の中で本音を語らない、詩と自分は切り離してあると紹介されています。けれど、yuumaさんの収納庫には、日々出遭うさまざまな出来事のエッセンスが収められていて、それらがうまくミックスされて詩ができあがるのだろうと思います。

恋人の間で交わされる二人だけが察知することのできる信号と暗号。誰にも気づかれないところで二人の想いはそっと包まれて静かに優しく育っていく。「好きです」と言わない方がかえって純粋な想いが育ったりしますね。「ちいさく そっと」を読んで、私の心の中に優しくてあたたかい想いが残りました。(「ちいさく そっと」は『透明な空間』(2001年4月集)の中に収められています。)(からっぽの部屋


ちいさく そっと

いとしいあなたがいて
その笑顔がたまらなく欲しくなるとき
僕は生きていてよかったと
そう思えてしかたない

みんなと遊んだ帰り道 駅へ送る車の中
バックミラーに重なるその瞳を
逃さず拾い集めていたら
目の前の信号を見忘れそうになるほど

好きです と 声には出しません
みんなに聴こえたら 嘘になりそうだから
好きの想いをたくさん視線で投げるから
誰にも知らせずに受け取ってください

そう言った
恥かしがり屋のあなたが
たまらなく好きです

僕だけに向けられたその瞳は
大切なものがすべてつまった
言葉よりも重い 確かな想い

僕の想いは この手にすべてを
誰にも気づかれないように
ちいさく そっと
あなただけに手をふって
[PR]

by hannah5 | 2005-05-29 19:13 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(8)

Commented by michi_418 at 2005-05-30 10:10
素敵な詩だなあ。
こんな詩が書きたい…。
詩ってつい自分の感情が入ってしまうから、
こういう詩はあまり書けませんよね。
わたしたち素人には。
わたしだけ?
Commented by shou20031 at 2005-05-30 17:19
素敵ですね~詩織さんが好きだって言うの良くわかります。
Commented at 2005-05-30 17:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hannah5 at 2005-05-30 18:47
*みちさん、素敵でしょう?
yuumaさんはきちんと詩を勉強されたせいか、詩の構成がしっかりしています。
ちゃらちゃらといいかげんに作ってないの。
これはねえ、なぞってタイプしてみるとわかるんですよ。
どの詩もとてもいいです。
「からっぽの部屋」、遊びに行ってみてくださいね。
Commented by hannah5 at 2005-05-30 18:48
*翔さん、いいでしょう?
初めてyuumaさんの詩を読んだ時、なんとも言えず、言葉になりませんでしたね。
Commented by hannah5 at 2005-05-30 18:49
*鍵さん、はじめまして。
ありがとうございます^^
これからもよろしくお願いします ぺコリ
Commented by yuuma at 2005-05-30 19:34 x
こんばんは!はんなさん。そしてみなさん。
えっと、ご紹介ありがとうございました^^
褒められておろおろしてます。感想言われるのなれていないので。ははは。
詩の勉強としたと言っても、1年半くらいで、しかも読む方専門ですよ。
数年前まで詩を書いたことなかったから、いまだにこれが詩なのか疑問で。
なぜなのかもわからないまま、浮かぶままに書いていることが多いので実は・・・いい加減かも。
うう、すみません、未熟者ですが、どうぞよろしくね。
Commented by hannah5 at 2005-05-30 20:22
*yuumaさん、おろおろさせてしまってすみません(笑)
これからも、おろおろさせるかもしれません。。 へへ
よろしくです^^

<< 雨の日は ちりちり 優しい微笑みたち >>