私の好きな詩・言葉(46) 「動物の受難」 (岩田 宏)   


あおぞらのふかいところに
きらきらひかるヒコーキ一機
するとサイレンがウウウウウウ
人はあわててけものをころす
けものにころされないうちに
なさけぶかく用心ふかく

ちょうど十八年前のはなし

熊がおやつをたべて死ぬ
おやつのなかには硝酸ストリキニーネ
満腹して死ぬ

  さよなら よごれた水と藁束
  たべて 甘えて とじこめられて
  それがわたしのくらしだった

ライオンが朝ごはんで死ぬ
朝ごはんには硝酸ストリキニーネ
満腹して死ぬ

  さよなら よごれた水と藁束
  たべて 甘えて とじこめられて
  それがわたしのくらしだった

象はなんにもたべなかった
三十日 四十日
はらぺこで死ぬ

  さよなら よごれた水と藁束・・・・・

虎は晩めしをたべて死ぬ
晩めしにも硝酸ストリキニーネ
満腹して死ぬ

  さよなら よごれた水と・・・・・

ニシキヘビはお夜食で死ぬ
お夜食には硝酸ストリキニーネ
まんぷくして死ぬ

  さよなら よごれた・・・・・

ちょうど十八年前のはなし

なさけぶかく用心ぶかく
けものにころされないうちに
人はあわててけものをころす
するとサイレンがウウウウウウ
きらきらひかるヒコーキ一機
あおぞらのふかいところに。



(岩田宏第三詩集『頭脳の戦争』(1962)所収、大岡信編『現代詩の鑑賞101』より)




解説

「動物の受難」は岩田宏の第三詩集『頭脳の戦争』に収められている。第二次大戦末期、住民の危険防止のため、動物園の猛獣たちが毒殺された。象はエサに毒が混じっていることに感づいてなかなかエサを食べず、餓死に追い込まれていった。人間の都合で死に追いつめられる動物たちへの愛、その裏返しとして人間の身勝手さや残酷さにたいする憤りが、感情を抑えながらありのままに書かれた作品から伝わってくる。(高橋順子あとがき『現代詩の鑑賞101』より)

戦後60年たった。あれから人間は進歩しただろうか。世界は平和な住みよい場所になっただろうか。平和への願いが強まる中、今だに世界のどこかで戦争が絶えない。実際、20世紀に入ってから、それ以前に比べて戦争の数は増えた。侵略のために戦争をしかける。国民を独裁者から解放するために戦争する。身勝手な強大国の侵略戦争に抵抗して、一般の市民を無差別に殺す。人間はもっともらしい理由をつけて戦争をしかける。その陰で抵抗する力もなく命を落としていく弱いものたちがいる。殺されていった動物たちのかなしみを思う。


岩田 宏(いわた ひろし)(1932-)

詩人。
北海道生まれ。
東京外語大ロシア語科中退。
「今日」「鰐」「現代詩の会」に参加。
詩集『独裁』、『いやな唄』、『頭脳の戦争』、『グアンタナモ』、『岩田宏詩集』、『最前線』、
評論『同士たち、ごはんですよ』がある。
[PR]

by hannah5 | 2005-07-31 20:28 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(9)

Commented by hannah5 at 2005-07-31 20:47
今回から、解説を最後にすることにしました。
私の解説なしに、最初に詩を味わっていただけたらと思います。
Commented by satsuki_ok at 2005-07-31 21:29
久々にTBさせていただきます。
Commented by hannah5 at 2005-07-31 23:52
*サツキさん、TBありがとうです^^
あれ、サツキさんの猫?
縁側でひっくり返ってるけど、あの家はサツキさんの家かな。
なんか、興味津々で見つめてしまいました(笑)
Commented by satsuki_ok at 2005-08-01 04:43
変なTBになってすいません(^^;
あのネコは野良猫ですけど、我が家に入り浸っているんです。
ほぼ飼い猫(--;
縁側ね、ぼくんちです(^^)v

えっ?・・・・興味津々?・・・・・・・(照)
Commented by bucmacoto at 2005-08-04 00:03
象のハナコ のお話ということで、マンガで読んだ記憶があります。
戦争・・・あの軍国主義(人間の肉体のみならず心までもを強制した思想)って昔から大嫌いです!!!
なのに結構、友達には戦闘機・戦艦ファンが多い(笑)
心を不自由にさせておきたかったから、クリスチャン(信教の自由)・マルキスト(思想の自由)を怖れ投獄してましたね。> 軍部

体操とかスポーツとか楽団とか 限られた目的でのチームの団結は好き。
固定され逃げられない選べない囚われた強制は嫌い。

つくづくアンチテーゼ志向が 実に染み付いてるなぁ(大分直したけど)
いざとなったら人肉を食べてでも生き延びることに異は唱えないと思う。
Commented by hannah5 at 2005-08-04 00:44
*サツキさん、はい、興味津々です(笑)
縁側って猫にとっては寝るのに気持ちがいいんでしょうね。
TBの件、大丈夫ですよ。
感謝してます。
Commented by hannah5 at 2005-08-04 01:10
*まことさん、男性は戦闘機や戦艦が好きな人が多いですね。
軍国主義が大嫌いだと言っていられるのは、今が平和な時代だからだと思いますよ。
あの時代は、異論を唱えることに自由はなかったのではないでしょうか。
(異論を唱えれば、投獄されて、拷問を受けたと思います。)
人肉はどうかなあ。。。
Commented by cy-cy at 2005-08-05 09:25
何て言ったら良いのか。。。うまく表せないですが
何ともいえない気持ちです
胸が押しつぶされそう。。。
Commented by hannah5 at 2005-08-05 20:06
*cyさん、胸が押しつぶされそうになるような思いをさせた時代だったのですね、当時は。
平和な今では考えられないことだけど。。。
なんだかんだ言っても、戦争中に比べたら、今はずっとしあわせだと思います。

<< 暑中お見舞い申し上げます やるせなく 懐かしく 眠りにつく >>