私の好きな詩・言葉(62) 「Days of Elijah(エリヤの日)」(Worship by Paul Wilbur)   


These are the days of Elijah,
Declaring the word of the Lord
And these are the days of Your servant Moses,
Righteousness being restored.
And though these are days of great trials,
Of famine and darkness and sword,
Still, we are the voice in the desert crying
‘Prepare ye the way of the Lord!’

*(CHORUS)
Behold He comes riding on the clouds,
Shining like the sun at the trumpet call;
Lift your voice, it’s the year of jubilee,
And out of Zion’s hill salvation comes.


And these are the days of Ezekiel,
The dry bones becoming as flesh;
And these are the days of Your servant David,
Rebuilding a temple of praise.
These are the days of the harvest,
The fields are white in the world,
And we are the laborers in Your vineyard,
Declaring the word of the Lord!

*Repeat CHORUS


(日本語訳)(はんな訳)

今はエリヤの日
主のみことばを宣べ伝えている
今はあなたのしもべモーセの日
義を回復させている
そして今は飢饉と闇と剣の大いなる試練の日
それでも私たちは荒野で叫ぶ声
「主の道を用意せよ!」

(コーラス)
見よ、主が雲に乗ってくる
らっぱの号令に従って太陽のように輝きながら
あなたの声をあげよ 今年はヨベルの年
シオンの丘から救いが来る


今はエゼキエルの日
干からびた骨が生き返る
今はあなたのしもべダビデの日
賛美の宮を建て直す
今は刈り入れの日
畑は刈り入れで色づいている
そして私たちはあなたのぶどう園で働く者
主のみことばを宣べ伝えながら!

*コーラスくりかえし

('Days of Elijah' Jerusalem Arise収蔵)




解説

疲れた時、将来が見えない時、苦しい時、主をただ求めたい時、私はよくワーシップのCDを聴きます。無心になってワーシップ・リーダーが主を賛美している曲を聴きながら、私もCDに合わせて主を賛美します。

Jerusalem Arise は私の好きなワーシップのCDで、ワーシップを導いているのはユダヤ人宣教に携わり、全米各地やイスラエルでミニストリーを展開しているPaul Wilbur(ポール・ウィルバー)、作詞はアイルランドでリバイバル聖会を導き、Revival in Belfast のCDを作成したRobin Mark(ロビン・マーク)です。(Revival in Belfast の最後の曲もやはり'Days of Elijah'で、ロビン・マークのすばらしいリードによるワーシップが収録されています。)

これらのCDは日本でも購入できますので、機会があったら是非聴いてみてください。
[PR]

by hannah5 | 2006-01-02 23:55 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(4)

Commented by satsuki_ok at 2006-01-03 11:15
今年も主にあって力みなぎるhannahさんですね^^
早速、購入してみようかな。。。
いつも素敵な自作の詩、詩の紹介、どれも楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Commented by hannah5 at 2006-01-03 14:21
*さつきさん、ぜひ買って聴いてみてください。
ここで全曲ご紹介できないのが本当に残念です。
Paul Wilbur の worship CD にもうひとつ Shalom Jerusalem があり、そちらもとてもいいですよ。
Jerusalem Arise も Shalom Jerusalem も ビデオが出ています。
ただ、ビデオは日本で手に入るかどうかわかりませんが、ビデオを観ると、彼のワーシップのスタイルとか聴衆のワーシップがわかり、全体の賛美の雰囲気がもっとはっきりわかってとてもいいです。
アメリカにはパワフルなワーシップをする人たちが多いですね。

今年もよろしくお願いします。
Commented by satsuki_ok at 2006-01-04 22:28
たしかに、アメリカは開放的ですね^^
ぼくの通っていた教会は、アメリカ人が多かったので、
圧倒されながらも、なんだか妙に雰囲気があったかかったのを想い出します。^^
ちょっと懐かしいな。。。^^
Commented by hannah5 at 2006-01-05 00:39
*さつきさん、そっか、さつきさんが通っていた教会はアメリカ人が多かったのね
彼らは気持的にはあったかいからね^^

<< 謹賀新年 ふと思ったこと >>