いつもありがとうございます   


いつも詩織を見てくださり、ありがとうございます。

最近、詩が変わり始めました。詩織を始めてしばらくは言葉が湧き水のように溢れ出ていました。多分にそれは、外国で日本語から離れて暮らしていたために、本来活発に行われているはずの言語活動が抑圧され、その反動で溢れていたからだと思います。

3年経ってようやく、言葉の上澄みが取れて、言葉の本質が変えられようとしています。日本語の響きで遊ぶことがただ嬉しかった時期が過ぎて、言葉の深みと厚みを求める時期が来ました。これからはもう少し時間をかけて推敲しながら詩作をするかもしれません。もちろん溢れてきた時には溢れたように紡いでいくと思います。

少しずつ変化していく詩織を、これからも見守っていただければ嬉しく思います。


はんな
[PR]

by hannah5 | 2006-06-26 23:51 | ご挨拶 | Comments(14)

Commented by sofia_ss at 2006-06-27 15:14
もちろん、いつでも^^
でも、ふっと出た言葉がすごく印象的だったりもします。
そんな珠も、どうぞ。
Commented by difamy at 2006-06-27 16:53 x
う~む。
日本人なのに日本語が理解できてないので、
難しい言葉が多くなると困るなぁ f  ̄. ̄*) ポイポリ
Commented by aki at 2006-06-27 17:17 x
 はんなさんの心にぴったりくる言葉で、詩をゆっくり織ってください^^ 毎日詩を書いていたはんなさん。。。もっのすごいスピードでしたからね(笑) でもそれも魅力的でした。あふれるままに、立ち止まるままに、そしてまたあふれるままに、、、ですね!
 
Commented by kagizo at 2006-06-27 21:44
こんばんは。
そんな風に考えること、やっぱりあるんですね。
鍵造もずっと海外にいたので、言葉が溢れてくるっていうのはわかる気がします。
まぁ、僕の場合は単に調子の良し悪しであると思われますが。
「言葉の深みと厚み」を求めるはんなさんに対抗して、鍵造は三十一文字を研ぎ澄ましていきたいと思います!
・・・なんて言いながら、結局「思いつくまま」なんですけど。^^;
Commented by hannah5 at 2006-06-27 23:27
*そふぃ、うん、まぁ、いろいろですね^^
出たら出たということで・・・
^^;
Commented by hannah5 at 2006-06-27 23:29
*difamy さん、支離滅裂にならないよう気をつけます
ハイ!
ww
Commented by hannah5 at 2006-06-27 23:34
*aki さん、毎日一定の時間になると、詩を書くぞ!って他の事を
押しのけちゃいますから、そんなにもっのすごいスピードでもないんですけどね^^;
Commented by hannah5 at 2006-06-27 23:39
*鍵造さん、そんな風に考えること、ありますよん
鍵造さんも海外生活を経験されたのですね
むしょうに日本語が恋しくなるでしょう?
私の場合は日本語をしゃべらないし読まない時期が4年ほど続きましたから
しまいには日本語が頭の中で溢れ返りましたね(笑)
押し込めても押し込めてもぼわ~んと湧いてくる感じ
まるで地下水みたいにね
鍵造さんの三十一文字、楽しみにしてますよ
がんばってくださいね♪
Commented by blespa at 2006-06-28 08:00
いいですね。
自分の変化を自分の内に感じられるって
いいな、と思いました。
気持ちがいいですね。
次で進む感じ。
これからもはんなさんから生まれる言葉待ってます。
Commented by raudo at 2006-06-28 21:30
どの様に変化していくのでしょうか・・楽しみです^^
Commented by hannah5 at 2006-06-29 01:53
*blespa さん、一つの段階が終って次に進むというのは私の好きな在り方です。
どこかにいつも「今書いている詩はいつかのための習作だから」という気持ちがあって
大体それに目途がついたら次へ行かなくちゃといつも思います。
次はどうなるか・・・
私も楽しみです^^
Commented by hannah5 at 2006-06-29 01:55
*らうどさん、私も楽しみです(笑)
Commented by 上海で叫んでみる at 2006-06-30 01:15 x
たまに、遊びにきてますよ。
一歩一歩進みましょう。素敵な詩を上海で待ってます。
Commented by hannah5 at 2006-06-30 01:39
*上海で叫んでみるさん、ありがとうございます。
はじめまして、ですよね?

<< 無題 夜の狭間で >>