私の好きな詩・言葉(85) 『ジェリービーンズの片想い』 から   (秋元 康)   


2月14日の二人

「たかがチョコレートを一枚
贈るくらいで、
そんなことしなくたっていいのに・・・・・」

と言ったら、
頭をポカリと殴られてしまった。
思い込みの激しい君は、7年前に
初めて僕にくれたチョコレートを買った
店まで、チョコレートを買いに行くのが
恒例になってしまった。

そして、
僕は、免許をもっていない君を助手席に乗せて、
渋滞の中、2時間もかけて、
H市のなんでもないお菓子屋さんに、
自分のための、なんでもない普通のチョ
コレートを買いに行くのを付き合わされ
るわけである。


クラスメート

初恋の人に偶然、10年ぶりに会った。
僕は、いろいろな想いがまざってしまっ
てあまり話ができなかった。
それなのに、彼女は、本当になつかしそ
うにいろいろな話をする。
そりゃそうだ。
僕にとって彼女は初恋の人でも
彼女にとって僕はただのクラスメート。
だいいち、
彼女が僕の初恋の人だなんてことを、彼
女は知らない。


勘のいい女

僕は、時々、考えることがある。
もし、君ではなくて、
3年前に別れた彼女と今でも
つきあっていたら・・・・・。
それはそれで、楽しい想像なのに、
ふと君を見ると、
こっちを向いて、プイと拗ねた態をした。
これだから、勘のいい女は疲れる。


留守番電話にイーグルス

本当につまらないことで
彼女を怒らせてしまった。
電話をかけてもかけても
留守番電話が応えるだけ・・・・・。
仕方なく、僕は、そのたびに、
「ピーッ」という発信音のあとに
彼女の好きな「ホテルカリフォルニア」
を少しずつ流した。
そして、
一週間たって、
彼女の留守番電話に「ホテルカリフォル
ニア」が完奏した頃、
「馬鹿!」という声が聞こえてきた。


僕が風邪をひいた日

君が「元気?」と聞くから、
僕は「元気じゃない」と答えた。
肩と顎に挟んだ電話の送話口に向かって
おおげさなくらい、咳き込んでみせた。
「つらそうね」
「つらいさ、
くしゃみは止まらないし、
頭だって、割れそうに痛いし・・・・・」
「熱は?」
「40度C以上あるかもしれない」
「何か食べてる?」
「何も食べたくないんだ」
「心配ね」
「心配さ」
「お見舞いに行ってあげようか?」
「その方がいいかもしれない」
小さいころ、
僕は、親に言われて、熱を測るたび
体温計を蒲団に擦ったり、
息を吹きかけたりして
少しでも、目盛りが上がるようにした。
その癖が今でも抜けないのか、
風邪をひいたかなと思っただけで、
恋の熱を上げてみたくなる。


(『ジェリービーンズの片想い』より)




たまにはこんな息抜きを。

図書館で本を物色していた時に、何気なく手にした一冊。短いからすぐ読めましたが、可笑しくて、静かな図書館で笑ってしまいました。文中の区切りは本の通りにしました。


秋元 康(あきもと やすし)(1956~)

放送作家、作詞家、作家、漫画原作者、プロデューサー。
東京都出身。
開成中学校を受験したが、不合格。中央大学附属高等学校を卒業後、そのまま中央大学文学部へ進学したが、後に中退した。

とんねるずやおニャン子クラブの仕掛け人としても知られる。 最近では、AKB48の仕掛け人でもある。

作詞家としてはとんねるずなどに提供しているメッセージソングやパロディソングばかりでなく、美空ひばりの『川の流れのように』などシリアスな曲も多数書いている。また、猿岩石の楽曲、アニメソングの作詞を担当する際に「高井麻巳子は良妻」をもじった高井 良斉(たかい りょうさい)のペンネームを用いている(ただし「ケロロ軍曹」関連の楽曲の作詞では秋元康の名を使っている)。

作詞家としての作品の総売上は4,000万枚を超える。

放送作家、作詞家活動以外に、小説、映画監督、ドラマ脚本などを手がけるが、いずれも評価はもう一つといったところ。また、おニャン子クラブの成功の後、いくつかのアイドルユニットのプロデュースを手がけ、奇抜なプロモーション戦略で毎度話題にはなるものの、ヒットには恵まれていない。 しかしながら、産経新聞紙上に連載され2006年に単行本として出版された『象の背中』で、従来の著作から大きく飛躍し、作家としての力量と才能を改めて示した。末期の肺癌で余命半年と診断された48歳会社サラリーマンの心情と生き方を描き、話題を呼んだ。

恋愛に関しては、独特のこだわりがあり、恋愛に関するエッセイや、恋愛論を語る自らのラジオ番組などで、持論を展開している。

1988年に元おニャン子クラブのメンバーでファンクラブを発足させたばかりのトップクラスの人気を誇った高井麻巳子と電撃結婚し、彼女のファンを絶望の淵に落とす。結婚直後、愛車のメルセデス・ベンツが何者かによってその恨み節で一面に「こぶ平死ね」(彼の風貌が林家正蔵、当時の林家こぶ平に酷似していたことが由来)と傷つけられたのは有名な話である。また、「メレンゲの気持ち」のゲスト出演で、彼女との私生活を話すとことも。

実業家への意欲があったのか、彼がプロデュースしたカレー屋の名前が、なんと「うんこや」というもの。「食と排泄は切っても切れない関係ですからね、だからあえて・・・」という、説明をしていたが、僅かな期間で閉店している。

1998年、家庭用ゲーム機メーカーのSEGAが社運を賭けて開発したドリームキャストの宣伝戦略プロデューサーを担当し、SEGAの社外取締役にも就任した。自虐的なテレビCMが話題になったものの、肝心のドリームキャストの売れ行きは低迷し、プロモーション用に製作したドリームキャスト提供のテレビ番組は、どれも低視聴率を脱却できず、短期間で打ち切りとなった。

2004年11月、ライブドア傘下のコンテンツ配信会社サイバーアソシエイツの取締役に就任し、ジリ貧だったドラマ脚本家としての活動場所を、テレビからWeb上に求めたが、一連の不祥事が発生したため、己に火の粉が降りかかる前に自ら辞任した。

2005年4月、京都造形芸術大学芸術学部教授に就任。

(Wikipedia にリンクすることができなかったため、Wikipedia より一部コピー記載しました。)
[PR]

by hannah5 | 2006-09-30 23:52 | 私の好きな詩・言葉 | Comments(8)

Commented by mako at 2006-10-01 01:02 x
コメント欄の

彼(秋元 康)がプロデュースしたカレー屋の名前が、なんと「うんこや」というもの。「食と排泄は切っても切れない関係ですからね、だからあえて・・・」という、説明をしていたが、僅かな期間で閉店している。

というところが面白いですね。理性でものが食えるようになったら、人間は進化したといえるのでしょうか?
Commented by sofia_ss at 2006-10-01 16:08
この方の恋愛論はなかなかうなずけます^^
好きになった女性に本を貸すのだそうです。
その後のリアクションでどうするか決めるのだそうな。
Commented by greenmoon9 at 2006-10-01 19:00
おーーーー!
わが師匠の一人でもあります。
まさか!はんなさんの所からでるなんて。。。
近々、自分のところでもこの本、紹介しようと思ってたんですよ。
ちなみに・・・秋元氏の本を初めて買ったのがこれでした。
今でも大好きで、毎回感動してるんです。
スミマセン、ちょっと興奮してしまいました。。。^^
Commented by bucmacoto at 2006-10-01 19:29
たった一度だけ生トークを聞いたことがあります。 高井麻巳子ネタもあったから結婚後でしたか。
面白い話っぷりなだけではなく、考えさせてくれる話ですよね。
そういえば私の記事にも、だいぶ前にご出演していただきました。(つか ぱくり?なパロディネタにした 笑)
Commented by hannah5 at 2006-10-01 23:53
♪mako さん、ですよね。
まあ、発想の面白さは買いますが、フツーに考えれば、
人は食と排泄を結びつけて考えたくないものなんですよね。
すばらしいとグロいの境目を見極めることが受けるか受けないかにつながってくるように思います。
Commented by hannah5 at 2006-10-01 23:58
♪そふぃ、私もそういう恋愛論をきちんと知っておけば、
人生、もうちょっとなんとかなったかもしれない・・・
と、思うこのごろです^^;
Commented by hannah5 at 2006-10-02 00:04
♪greenmoon さん、greenmoon さんのお師匠さんだったのですね^^
この本は、最初、詩集かなと思ったのですが、
読んでいるうちに、かるーいノリのエッセイかなという気がしてました。
でも、どっちでもいいかもしれませんね。
疲れた時はこういうのがいいですね。
Commented by hannah5 at 2006-10-02 00:06
♪まことさん、あ、まことさんちでもゲスト出演なさったのですね^^
わかってるけど、いくら読んでもナットクしてしまう男性心理ですね。

<< あなたのそばに 雨模様 >>