秀作をいただきました   


自分の作品を投稿して詩人の先生方から評をいただくサイト、「MY DEAR」で詩の勉強をさせていただくようになってから10ヶ月ほど経ちますが、このたび、2作品に秀作をいただきました。2作品ともそれほど自信のあった作品ではありませんでしたが、思いがけず秀作をいただき、ここまで詩を書き続けてきてよかったと思っています。

MY DEARには毎回たくさんの投稿があり、見てくださる先生方も本当に大変だと思います。でも、いつも丁寧に評をくださる先生方のご指導のおかげで、私の詩もなんとか形になってきました。これからも、もっともっと詩を書いていきますので、よろしくお願いします。島さん、三浦さん、伊藤さん、本当にありがとう。


「自由な夜」(10月13日)


柄の取れた眼鏡
度が合ったり合わなかったりするから
新しい眼鏡が作れずにいる

金曜日の夜
眼鏡をかけずに見る街の景色は
優しくて 自由で ペーソスがある

夕方までぎりぎりと絞っていたものが
柔らかいものたちの前で
溶け出している


  そういえば こんな夜
  しどけなく酔いつぶれたり
  長いキスにもたれかかたり
  遠くまで歩いてみたり
  溶けて流れたことがある

  自由は限りなく伸び縮みすると思っていた


小さくたたんでしまっておいた心を
ポケットからそっと取り出し
しわを伸ばす

それから、右や左に振ってみる
かみ合わなかった分を
合わせるように

そのたびにリアルな響きが
ゆるゆると落ちてくる


夜がこぼれていく

心の形に合わせるように



「聴こえる」(10月24日)


奥の方で
静かに
静かに
鳴っている
不思議な音色

いつだったか
聴いたことがある
小さな灯に触れるような
青くかすかな音

けれど
耳を澄ましてみたら
今まで聴いたことがない

(どこかでさわれそうな)

手を伸ばしたら
すっと引っ込んで
ぴたっと止んでしまった

じっとしていると
やがて静かに
すべりだした

小さな音

たくさんの細いぎざぎざ
幽かな直線と直線の茂み
生まれたばかりの明るい空気

私に触れては通りすぎる
魂のほのかなささやきを
じっと
聴く





評(両方とも島さん)

「自由な夜」

いろいろ読んで、好きな詩人を見つけるというのもなかなかのことですし、好きで且つ自分と波長が合う(体内リズムが合う、というべきか)詩人となると、さらに見つけ出すのが困難なことですが、はんなさんはどうやらそれを見つけ、吸収し、モノにしつつあるようです。
比喩が読み手に伝わる距離感も、自分で掴めてきたようで、随所にそれがわかります。
ステキな詩ですね。秀作を。
特に「小さくたたんで」から「ゆるゆると落ちてくる」までの3連、うっとりです(「かみ合わなかった分を」は「かみ合わなかった部分を」の方がいいかも)。
「自由は限りなく伸び縮みすると思っていた」も絶品です。
文句ないですよ。この調子で。


「聴こえる」

魂のほのかなささやき、けれど掴もうとして掴めないもの。というコンセプトで、これはこれでよいでしょう。秀作を。
まんなかちょっと寂しいけど、最初と最後の2連でシメテくれました。スタイル、モノになってきましたね。この調子で。

敢えて注文するなら、ちょっと感動が薄いのが寂しい。
2連と3連の対称形、5連と6連の対称形、「いつだったか」と「どこかで」。中盤がこうしたテクに頼っているからだと思う。こういうのは、作品が少ないうちは気づかないけれど、このパターンで作品数が多くなってくると、どれも似たようなことになってくるから、気をつけて。しまいにハナについてきますから、乱用しないようにね。

そういう意味では、第2連にある郷愁をもっとクローズアップしてコンセプトに据えると、中盤こういう組み立てもできますよ。

 いつだったか
 聴いたことがある
 小さな灯に触れるような
 青くかすかな音

 (どこかでさわったような)

 手を伸ばしたら
 すっと引っ込んで
 ぴたっと止んでしまった

 じっとしていると
 やがて静かに
 すべりだした
 子供のころは確かにさわれた
 小さな音

ご参考まで。
[PR]

by hannah5 | 2006-11-11 23:05 | 投稿・同人誌など | Comments(22)

Commented by al17 at 2006-11-12 00:15
詩織様 秀作を2つもGetすばらしいです〜!!
私もこちらの2作は お気に入りでした。
寸評もさすがに 素晴らしいですね。
これからも素敵に頑張れますね。心からお目出度う(*^_^*)
Commented by akisuke-jp at 2006-11-12 01:06
う~ん、hannah さんって、ほんとにすごい人だったのね。
いつもなれなれしい口聞いてすみません。
これからは、もっとなれなれしくします。(^^;
Commented at 2006-11-12 11:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blue_moon_rabbit at 2006-11-12 12:07
おめでとう はんなさん♪
Commented by sofia_ss at 2006-11-12 14:24
おめでとうございます!
素敵な評ですね^^
皆さん言葉を大事にしているのですね
Commented by ちこ at 2006-11-12 14:47 x
こんにちは。
お邪魔させていただくのは2回目です。
流れるような感じの詩、とても素敵ですね。
評もつけていただいたのですね。

私のようなものでも、
評価してもらえるかしら。
「MY DEAR」のぞいてみようと思います。
またきますね。^^
Commented by bucmacoto at 2006-11-12 20:36
よかったですね ♪
 折りたたんだ心 ~ しわを伸ばす
ここのどこかで同じ表現を見覚えています。 好きな表現です。
Commented by w-piglet at 2006-11-12 22:56
こんばんは。
はんなさん、おめでとうございます!
はんなさんから紡ぎだされる言葉たち、大好きです(^^)。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:14
♪あきさん、ありがとうございます^^
これからも少しずつがんばりますね。
よろしくお願いします。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:18
♪あきすけさん、いぃえぇ~、あきすけさんほどじゃないっすよ^^;
タンチョウの写真には負けますです。
そうです!なれなれしく足跡を残していってくださりませ♪
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:24
♪鍵さん(11-12 11:22 )、おめでとうございます!^^
よかったですね。
そう言っていただけると、ちょっとはお役に立ったみたいで、嬉しいです。
あとでそちらへ伺いますね。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:24
♪蒼月兎さん、ありがとうございます♪^^
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:26
♪そふぃ、ありがとう♪^^
はい、もう、過分な評をいただきました。
評をいただくと励みになりますね。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:28
♪ちこさん、MY DEAR の先生方の評はフェアで厳しく、かつとても勉強になります。
ちこさんもぜひ投稿してみてください。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:32
♪まことさん、ありがとう。
同じような表現、ありましたかしらね。
まことさん、よく覚えてますね。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 00:34
♪w-piglet さん、ありがとうです^^
(ちと照れくさいです)
Commented by greenmoon9 at 2006-11-13 19:24
おめでとうございます。。。^^
いい作品ですね、
って言うにはまだまだ咀嚼力の足りない自分ですが・・・(笑)
自分もいつかは挑戦してみたいものです。。。
やっぱり継続して成長していくはんなさんは素敵ですね。^^
おめでとうございます。
これからもたくさん書いて下さいね。。。楽しみにしてます。。。
Commented by 104hito at 2006-11-13 23:25
おめでっちょ~♪
気取らずに、そして難しい言葉を使わないですんなり受け容れられるんだよね、いつも^^v
Commented by hannah5 at 2006-11-13 23:54
♪greenmoon さん、ありがとうございます。
いつも見てくださっているgreenmoon さんや皆さんのおかげで、
今日まで書いてくることができました。
これからもよろしくお願いします。
Commented by hannah5 at 2006-11-13 23:55
♪ヒトさん、ありがとー♪
難しい言葉、知らないかもしれない・・・^^;
Commented by aki at 2006-11-15 12:03 x
 はんなさん。2作、研ぎ澄まされた作品ですね! 「秀作」は当然ついてくる結果とも言えそうでは?^^ 心からおめでとうございます! その上のコーヒーの詩も、リンゴの詩も、めちゃくちゃ好き。。 題名が長いと、固有性が増すというか……愛着を感じました。
Commented by hannah5 at 2006-11-16 00:41
♪aki さん、当然とは思いませんが、でも、嬉しいですね。
ありがとう。

<< コーヒーが冷めないうちに 森に踏みこむ >>